中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

女子サッカーアジア最終予選 テレビ放送時間は?最大のライバル北朝鮮へ海外の反応は?

なでしこジャパンが女子サッカーアジア最終予選に出場する。
最大のライバル北朝鮮へ海外の反応は?「勝つかこロされるか・・・・」「スポーツに国境はない!」というもの。
NHK総合テレビ放送時間は、いずれも19:35キックオフで、2月29日 オースオラリア、3月2日 韓国、3月4日 中国、3月7日 ベトナム、3月9日 北朝鮮の予定である。

いよいよ本日、なでしこジャパンが大阪で開催される「女子サッカー アジア最終予選(リオデジャネイロオリンピック2016)」に出場する。6チーム(なでしこジャパン/オーストラリア女子代表/韓国女子代表/中国女子代表/ベトナム女子代表/朝鮮民主主義人民共和国女子代表から、2チームのみがリオへの切符を手にするという厳しい戦いである。



スポンサーリンク




女子サッカーアジア最終予選 テレビ放送時間は?北朝鮮へ海外の反応は?

現時点での、FIFA女子ランキングは日本(4位)、北朝鮮(6位)、オーストラリア(9位)、中国(17位)、韓国(18位)、ベトナム(29位)となっており、日本にとって最も強敵と思われるのが、北朝鮮女子代表である。

2005年~2010年には、FIFA女子ランキングでは、日本に抜かれるまで、アジア最高位であり、女子アジアカップでは優勝と準優勝が各3回(2014年出場停止)、W杯には第3回(1999年)から4大会連続出場を決めている(2015年出場停止)が、オリンピックは2008年北京大会が初出場で、2012年ロンドン大会で2大会連続の出場となった。昨年8月のアジアカップ2015では、日本を破って、北朝鮮が2大会ぶり3度目の優勝をしている。
また、過去の対戦記録をみても、5年以上勝っていない、ランク上位にあるとはいえ、日本が優位とはとてもいえない。

2015年11月29日時点で、北朝鮮とは 21戦 5勝、 5分、 11敗(○が日本勝利)
●2015/08/01 日本2-4朝鮮[アジアカップ2015]
●2014/10/01 日本 1-3 北朝鮮 [第17回アジア競技大会]
△2013/07/25 日本 0-0 北朝鮮 [EAFF女子東アジアカップ・決勝大会]
△2011/09/08 日本1-1北朝鮮[オリンピック(予選)]
△2010/11/22 日本 0-0 北朝鮮 [アジア大会]
○2010/05/24日本2-1 北朝鮮[ワールドカップ(予選)]

北朝鮮女子サッカー代表については、これまでいろいろなトラブルや因縁がある。

2006年7月 2006 AFC女子アジアカップでの審判暴行問題準決勝の対中国戦で、試合終了直前に点を獲ったが、オフサイドの判定を受け無効になった。その判定に不服なGKが試合終了後に主審を突き飛ばして退場処分となった。

2009年 東アジアサッカー選手権2010の出場辞退問題 中井洽拉致問題担当大臣・国家公安委員長が、北朝鮮女子代表が日本での大会に参加することについて、入国に反対する意見を述べたため、これに反発し、北朝鮮は最終的に出場を辞退した。

2011年6月 2011 FIFA女子ワールドカップでのドーピング問題 2011年8月、ドーピング検査で5人の選手から、筋肉増強に作用する禁止薬物、ステロイドが検出された。北朝鮮チームに対し、次回(2015年)大会及びその予選(2014年のアジア杯)への参加禁止処分と、約3100万円の罰金処分が課された。

北朝鮮に対して、日本政府は、核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を受け、独自制裁として北朝鮮籍保有者の入国を原則禁止したが、北朝鮮代表については「例外」として今回入国を認めた。2009年の中井大臣の発言や、もし政治問題化した場合のFIFAからの罰則を恐れたものと思われる。

女子サッカーアジア最終予選、最大のライバル北朝鮮へ海外の反応は?の日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

■女子サッカーアジア最終予選、最大のライバル北朝鮮へ海外の反応は(中国)

北朝鮮サッカー女子についての北朝鮮での直接の情報は得られないため、北朝鮮に近い、中国メディアの情報を集めた。

中国メディアの新浪体育尋は、2月28日北朝鮮女子サッカーメンバーがオリンピックアジア地区予選大会に20名のメンバーで参加したと伝えた。大部分のメンバーは90年以降に生まれた世代である。20名中16名は先の東アジア大会の優勝メンバーで、主力はそのままである。
また、別の報道では、東アジアカップで優勝した北朝鮮女子サッカーメンバーが厚遇され、豪華な車に乗り、金正恩元首と接見した映像が出ており、選手の意気も非常に上がっているものと思われる。

comment#_rnd1455955571172
(北朝鮮女子サッカーの東アジアカップの試合、豪華な車、金正恩との写真)

この報道に対する中国網友(ネットユーザー)の反応を見てみましょう。

一品达令:北朝鮮は無事出場できておめでとう、頑張れ!
12時間前

CHRISTUS:スポーツに国境はない!
22時間前

Sweet:本当のところ、このような政治的なことは我々庶民の関心の的ではないが、このような場合に北朝鮮と日本が一緒にサッカーするものか?いったいどのような試合になるのだ?
2日前

Hongpang:日本サッカー協会は、大会中止を恐れたのだ。スポーツへの政治の干渉はFIFAが2年間大会開催を禁止する。
2日前

CHRISTUS:勝つかこロされるか・・・・・
22時間前

orz…..:北朝鮮が如何なる国際体育大会に参加することも禁止すべきた、彼らの国の体制は地獄だ。北朝鮮の一枚ごとのメダルの影には飢えて骨と皮になった国民がいるのだから。
1日前

亦Yi:金正恩が何処に行っても、人が泣いている(注:接見の映像より)。
1日前

小郑:北朝鮮のサッカーアスリートは試合でのファイティングスピリットを持っているのに、中国のアスリートはこれを見て恥ずかしくないのか?
1日前

^_左手牽右手:中国女子サッカーには堂々たる風格がない。北朝鮮女子サッカーの強靭な精神に頭が下がる。いつかの物質的享楽が選手をだめにした。中国の女子サッカーは大きな退歩の例だ!
1日前

 

さらに、少し古くなりますが、2014年の2月に4か国(中国・北朝鮮・ニュージーランド・メキシコ)対抗の国際大会に中国を訪れた北朝鮮サッカー女子チームに地元テレビ局が密着取材した記録があります。
北朝鮮の選手は、バスでも、食事中でもほとんど無言、持ってきている荷物も他国と比べて極めて少なく、外出しても、お金がないためか、ほとんど買い物はしない。監督を含め、パソコンやタブレットを誰も持っていない。

しかし、他のチームと違い朝7時から体操とジョギングを朝食前に始め、その他の練習時間もほかのチームよりも長く練習に費やしていたという。監督は、強くなった秘訣は練習以外にはないと断言した。

しかも、メダルを獲得すれば、成績に応じた賞金、自動車、高級アパート、家電製品などが国から贈られ、称号も与えられ、特権階級の労働党員の身分にもなれる。引退後は指導者となり後進の育成にあたる道が約束される。

飴とムチとしっかりした育成システム、整った設備をもったとすれば、ハングリー精神を持った強いチームになるのもさもありなんと思われます。



スポンサーリンク




■女子サッカーアジア最終予選、最大のライバル北朝鮮に対する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本人のコメントは、北朝鮮チームの入国例外措置に対する賛否両論でした。気持ちはわかりますが、今後のことを考えると簡単には、入国拒否はできないでしょう。

北朝鮮女子の強さについてのコメントは現段階ではほとんどありませんでしたが、見てきましたように、優勝を遂げた場合の、ご褒美、待遇と敗れた場合の差が天国と地獄でしょうから(さすがに、炭鉱送りや、死刑はないでしょうが)、日本にも中国にもない、精神力を発揮するのは間違いありません。しかも、アジアカップ優勝で、その果実を味わったところですので、意気盛んであるのは間違いないでしょう。

さて、3月9日北朝鮮との最終戦の試合になでしこジャパンが、存分の力を発揮することよう応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA