中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

女子バレー最終予選リオへの条件は?ドミニカ戦ストレート勝ちは大前提!?

volleyball-89607_640

タイに勝利して、3勝1敗とした日本代表のリオ五輪への切符への条件は、今大会不調に陥っている次戦の相手、ドミニカにストレートで勝つことがまずは、前提となる。

オリンピック4大会連続出場を狙う世界ランク5位の女子バレー日本代表は、世界ランク13位のタイと対戦し、
3-2でからくも競り勝ち、3勝1敗で4位ながら、五輪出場権獲得に一歩前進した。
次の相手は、世界ランク7位のドミニカ共和国である。
今大会不調に陥っているドミニカにまずはストレート勝ちすることがリオ出場条件の大前提となる。

スポンサードリンク

女子バレー 最終予選リオへの条件は?ドミニカ戦ストレート勝ちは大前提!?

まず、ドミニカ共和国の登録選手を見てみましょう。以下の通りである。

s_20160519%e3%83%89%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%ab%e9%81%b8%e6%89%8b-768x304

従来から強かった攻撃の要として、背の高いベテランのシンディ・ロンドン、ベタニア・デラクルスがおり、
さらに若手としてブライエリン・マルティネスが台頭してきている。
従来弱かった守備では、ブレンダ・カスティージョが司令塔となり、
以下のように、強豪の仲間入りを果たしてきた。
2012年のロンドンオリンピックでは、日本の銅メダルに対し、5位となり、
2014年世界選手権では日本の7位を凌ぐ、5位に躍進している。

s_20160519%e3%83%89%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%ab%e9%81%8e%e5%8e%bb-768x312

では、今大会のこれまでのドミニカ共和国女子の成績どうであろうか?

s_20160519%e3%83%89%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af-768x292

予想外の、全敗の最下位であって、取ったセットもわずか1セットと信じられない惨状となっている。
一体ドミニカに何が起こったのであろうか?

s_20160519%e3%83%89%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%ab%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88-768x162

ドミニカは初戦からサーブミスが多く、セットを取れそうになれば、サーブミスを繰り返して、落とした。
上記表でも分かるように、3点差以内の競ったセットでは、
7セットを失い、獲得できたのは1セットのみである。
ここまでのところ、選手も元気がなくやる気が全く感じられない状態のようだ。

スポンサードリンク

■これまでの日本代表の戦いぶりとドミニカ戦に関する日本の反応

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA