身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

女子バレー2016宿敵の韓国代表メンバーの要注意選手!海外の反応は?

リオデジャネイロ五輪の出場権をかけたバレーボール女子の世界最終予選で、
日本は2連勝と好調な滑り出だしをみせた。明日はいよいよ宿敵韓国との戦いである。
ポイントは1つ、キム・ヨンギョンを抑え込めるかどうかにある。

韓国代表メンバーと海外の反応をまとめてみた。



スポンサーリンク




女子バレー2016宿敵の韓国代表メンバーの要注意選手!

ロンドン五輪銅メダルで世界ランキング5位の日本は、
リオデジャネイロ五輪の出場権をかけたバレーボール女子の世界最終予選兼アジア予選(東京体育館)で、
15日、カザフスタンと対戦し、ストレート勝ちした。
初戦のペルーに続き、1セットも落とさず2連勝となった。

前日のペルー戦でわずか2得点と低調だったポスト木村沙織の最有力候補のエース
古賀紗理那(19=NEC)は9得点と復調した。17日はいよいよ宿敵韓国戦である。
韓国は、ここまで、オランダに勝ったものの、イタリア(8位)に敗れ、
1勝1敗、勝点3、セット率=1.333である。

2010年以降の、日本と韓国の国際試合の結果を表にした。

s_20160516%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%bc%e9%9f%93%e5%9b%bd-768x325

いずれも、日本が韓国をほとんど上回っているものの、
4年前のオリンピック予選では、韓国に負けています。
また、2014年は韓国で開催された第17回アジア競技大会で韓国が優勝し、
日本は韓国、タイに敗れて、4位となったなどその実力は侮れません。

韓国選手の中で、主将であり、国際的にもその実力が評価されているのが、
キム・ヨンギョン(28歳)で、韓国女子選手として海外に初めて進出し、
日本のVプレミアリーグのJTマーヴェラスに属した経験もある。
ロンドンオリンピック世界最終予選において、エースとして、
2大会ぶりの予選突破に大きく貢献した上、
本戦でも韓国代表36年ぶりとなるベスト4進出の原動力となり、キム自身もMVPに輝いた。

その後、2011-12シーズンからトルコのプロバレーボールリーグで
プレーしているキム・ヨンギョンはフェネルバフチェに属し、
その年俸は15億ウォン(約1億3500万円)にも達しているという。

日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

■バレーボール女子の世界最終予選日本対韓国に関する海外(韓国)の反応

【五輪予選】キム・ヨンギョン -木村、終わらない「エース競争」

キム・ヨンギョン選手が吼えるのが見たい!という理由で火曜日のチケット買った

【五輪予選]オランダ監督、「20年間にキム・ヨンギョンのような選手見たことない」

コートの上に11人はすべてキム・ヨンギョンだけを見つめているよwwww

ヤン・ヒョジン、キム・ヨンギョン二枚ブロック怖いよ

世界女子バレーボール選手の中で左のFWに加え、
年俸20億を超えるキム・ヨンギョンは、実力やカリスマ共韓国女子選手の中で最高。
本物の百年に一人出るか出ない選手。

 

韓国の反応も、圧倒的にキム・ヨンギョンに対するものが多く、
彼女への期待の大きさがうかがわれる。韓国代表メンバー一覧もチェックしておきましょう。



スポンサーリンク




韓国代表メンバーは以下のように発表されています。
kankoku1
kankoku2
出典:wikipedia https://goo.gl/W0J94B

■ バレーボール女子の世界最終予選日本対韓国に関する日本の反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 日食と皆既日食と金環日食の違いは?世界で盛り上がる3月9日海外の反応「神々しい」「米は来年皆既日食だ」

  2. スイスの地下物流網構築計画に驚愕!海外の反応「次世代物流革命!」「ついでに全人口収容できるシェルターとして」

  3. 安倍マリオの海外の反応「東京五輪に行く気になった」「閉会式で最高の瞬間」

  4. ピートローズとイチローの評価に共通する、日本人野手がメジャーで結果を出せない理由とは?

  5. 人民元安が酷い!影響と海外の反応「人民の不運がくる」「アベノミクスを認めよ」

  6. 大谷翔平が163kmの日本最速!米国最速171km投手はどう評価されている?

  7. 希望の塾の倍率は?維新政治塾と比較してみた!ネットの反応「不良議員のスクリーニングしないと」「勢いが止まらない」

  8. 台湾総統選挙はアイドル問題に留まらず!中国で汚職容疑調査、女優との醜聞報道も!海外の反応は?

  9. EUとは?簡単に小学生でも分かるように説明しみた!1番しっくりくる例えは結婚?

  10. 内山高志の次戦コラレスの戦績とファイトマネー!海外の反応「米国は彼の才能を確認する必要がある」「最高のボディーチャンパー」