身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

山口俊が暴行傷害で登板回避?泥酔で警備員を負傷させ解雇の可能性は?

巨人の山口俊投手が泥酔し扉を破壊したり、

警備員を負傷させた疑いがあるとし、

先発登板を回避していたことがわかりました。

 

ただごとではないこの事件、

山口投手は暴行傷害で解雇となる

可能性もあるのでしょうか?

また、山口投手に何が起こったのか

についても調べてみました。



スポンサーリンク




山口俊のプロフィール

にんにん☆かっちゃんさん(@nin2katsu)がシェアした投稿

名前:山口俊

生年月日:1987年7月11日生

出身地:大分県中津市

身長:187cm

体重:97kg

ポジション:ピッチャー

出典:Wikipedia

山口俊投手は柳ヶ浦高校出身の投手で、

2005年の高校生ドラフト1巡目で

横浜ベイスターズ(現:DNAベイスターズ)に入団しました。

 

当初は先発として起用されていましたが、

中継ぎや抑えとしての起用が増え、

2010年にはクローザーとしての地位を掴み、

この年は30セーブをあげる活躍をしました。

 

2012年ころまではクローザーとして

キャリアを積みますが2013年~2014年初期にかけて

打ち込まれることが多くなり、

2014年シーズン途中で再び先発に転向しました。

 

2014年先発に戻ってからは、

月間MVPを2度受賞するなど、

8勝5敗3ホールド、防御率2.90と好成績でシーズンを終え、

2015年以降も先発に専念することになります。

 

その後2016年のシーズンオフにFA宣言し巨人に移籍

開幕はケガで出遅れたものの、

移籍後初登板ではノーヒットピッチングで

巨人デビューを飾るなど期待されていました。

 

泥酔して警備員を負傷させた疑いで登板回避?

山口俊投手が、

自身の30歳の誕生日にあたる

7月11日に泥酔状態で病院を訪れ、

扉を破壊したり警備員に負傷を負わせるなど

した疑いがあるとして、

7月18日の先発登板を回避

していたことがわかりました。

 

山口投手に一体何が起こったのでしょうか?

山口投手は右手甲を負傷したため

病院を訪れたようで、

おそらく警備員に制止された際に

負傷させてしまったということなのでしょう。

 

くしくもこの日は自身の誕生日で、

誰かとお酒を飲んでいたのでしょうか?

この日は甲子園で阪神との3連戦中で、

遠征中のため、

祝ってくれる家族がいなかったのが

寂しかったのかもしれませんね。

 

しかしながら、

どういう状況であったかなど

不明なことが多いようで、

現時点では何があったのかはわかっていません。



スポンサーリンク




暴行傷害で解雇の可能性はある?

山口俊投手が事件を起こしてしまいましたが、

解雇の可能性もあるのでしょうか?

 

警備員を負傷させていますので、

暴行・傷害といった罪も考えられます。

相手の出方次第では逮捕ということにまで

発展するかもしれません。

 

過去に不祥事を起こした選手は、

野球賭博が発覚した笠原将生さんと

福田聡志さん・松本竜也さんが

無期限資格処分となっています。

 

調べてみるとかなり多くの選手が

不祥事を起こしていることがわかります。

 

お酒に酔って暴行したということであれば、

サッカーの前園さんも暴行事件を起こして、

逮捕され謹慎していましたね。

 

現役選手ではなかったので、

山口選手のケースとは違うかもしれませんが、

復帰には3ヵ月かかりました。

 

 

FAで加入した選手が移籍初年度で酔って暴行する

という前代未聞の事件ですが、

現時点では不明な点が多く正式な処分は決まっていません。

当面は起用を見送る方針となっていますが、

事実が確認されれば今シーズンの登板は

厳しいかもしれませんね。

 

2億円とも言われる年棒を不祥事で出場しない場合も

払わなければならないのでしょうか?

他人事ながら気になりますね。

 

しかし、移籍後初登板後に、

FA初年度で出遅れチームに迷惑をかけたと

流した涙は何だったのでしょうか?

 

■関連記事

岩瀬仁紀が月間MVP受賞!12年ぶりは最長ブランク!カムバック賞の可能性も?

グッチ裕三がステマ?浅草メンチのオーナーだった!周囲から苦情も?

森慎二の病気は多臓器不全?病名や死因は何?嫁の重婚の噂を調査!

 

まとめ

警備員に暴行を働いてしまった

山口俊投手の事件の真相は判明するのでしょうか?

 

復帰辞退が可能なのか

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA