中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

希望の塾の倍率は?維新政治塾と比較してみた!ネットの反応「不良議員のスクリーニングしないと」「勢いが止まらない」

小池都知事が新党の布石か、小池塾、いわゆる政治塾である「希望の塾」を募集し既に4000人もの応募が殺到しているという。
政治塾といえば最近では「維新政治塾」が思い出される。
維新政治塾の時の数字を例に、今回の希望の塾の倍率やメリットデメリットを見てみよう。



スポンサーリンク




希望の塾の倍率は?維新政治塾と比較してみた

小池百合子都知事主催?の政治塾「希望の塾」の応募要項をみると特に応募人数の規定や、人数制限はしていない。

なので倍率を出すことは出来ないが、維新政治塾の数字を見返すことは出来る。
維新政治塾は、当初は応募者から400人に絞って入塾してもらう予定だったが、応募が「3326人」もあり予定を変更。
面接をやめ、書類審査のみで2000人をまず通過。その後適正調査をして、888人が入塾する運びとなった。
つまり結果論的な倍率でいえば、3.74倍。 しかし当初の400人で考えれば8.31倍ということになります。

小池氏政治塾の希望の塾は、詳細に数えたわけではないようですが、4000人を超えているということですので
維新政治塾以上の倍率になると考えてい良いでしょう。

また、後述する維新政治塾の失敗・デメリットとして、人選に問題があったことが指摘されますので
恐らく今回は入塾条件を高くするでしょう。
そうなると倍率は10倍を超えるとみてもいいのではないでしょうか。

また、ネット上には、入塾式の時間が3回あり、会場が1000人収容なので、塾生700~800人収容と考えると合格者2400人くらいでは、という声もありました。

こればかりは蓋を開けてみなければわかりません。



スポンサーリンク




維新政治塾の反省と希望の塾のネットの反応

維新政治塾も3326名の応募があった非常に期待度の高いものであったが、記憶に強いのが不良議員による
足のひっぱり、イメージダウンなどだ。
スクリーニングが足りなく不良議員を輩出したという批判が今も根強い。

今回の希望の塾においても同じようなことの懸念があります。
ネットの反応をまとめてみました。

肯定派

「議会で多数派を確実にとれそうですね」

「小池さんの勢いが止まらない」

「小池さんは世渡り上手だよなぁ。すぐに自民の脅威になりそう」

「80%を越える支持率に加えこれだけのパワーが合わされば鬼に金棒だ」

「小池さん頑張ってほしい」

批判派

「不良議員のスクリーニングしなかったら、大事な時に足元をすくわれる」

「維新政治塾のなれの果てを見れば、これに応募する意味がない」

「ただの集金システムさ」

「なんか橋下氏の通った跡を着実に小池氏が歩いているようだ。維新に破壊された大阪の姿が、東京でも見られるのか….」

「ネーミングがダメ」

「少し前で大坂でやってダメだったけど結果を残せるのかなあ」

「維新商法をそのままなぞってるだけ」

「ほとんど自民のスパイでは」

出典:twitter

合格した!という声も大きく、名前の通り希望であふれている人もけっこういた半面
やはり維新政治塾のことが思い返されて懸念し、懐疑的な人もけっこういました。

ちなみに維新政治塾は今も続いており2期で応募が100人ほどに減ったようですが、3期で200人に増え
橋下氏が引退後の盛り返しに胸をなでおろしているようです。

希望の塾では、もちろん維新政治塾のことが意識されているでしょうから
その反省を生かして小池都知事もやっていくのではないでしょうか。

■関連記事

小池百合子の東京都知事当選に対する海外の反応の意外すぎる炎上

石原慎太郎の小池百合子への厚化粧発言はなぜ?過去の発言を検証して分かったこと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

    • 高山雅弘
    • 2016年 10月 27日

    合格はしたけれど

    以下、事務局とのやり取りです。
    講義を何名単位で行うか決まっていないそうで、辞退するつもりです。

    2回目質問
    受講料の納付期限が27日となっていますが、その前に
    講義を約何名単位で行う予定なのかお知らせください。

    2回目回答
    初回に関しては、1講座800〜900名を想定しておりますが、それ以降に関しては現在検討中です。
    詳細については、決定次第ご連絡いたします。

    1回目質問
    10/30の会場の席数は約1000席で、4回に分けて行うとか情報が流れていますが、
    何人合格しているのかわかりませんが、講師と塾生が双方向のやり取りができる塾といえるのでしょうか?
    塾ですかそれとも講演会ですか?

    今後、何人くらいの単位で実施する計画で、塾と呼ばれるにふさわしいものになるのかアナウンス願います。
    アナウンス後に、徴収しないと詐欺呼ばわりされるおそれがあるかと思われます。

    1回目回答
    講義の詳細は現在調整中であり、現段階で公表できる情報はホームページに掲載しております。
    規約等をご確認の上、入塾のご検討を宜しくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. イランとの断交がなぜこれほど相次ぐのか!?正しく理解した上で海外の反応を見てみよう

  2. SMAP解散に海外の反応も10時には3000件超え!国内外に衝撃

  3. フィリピン大統領選挙候補者TV討論会での過激発言!海外の反応「毒入りバナナを食べ過ぎたのだろう」「中国がどれほど大きいかを見に来たら!」

  4. 2016年アベノミクスの終焉か?海外の反応「人民元への通価を切り下げの圧力が和らぐ」「円高は始まったばかり」

  5. 石炭火力発電所の新設計画を環境省が容認!なぜ今?海外の反応

  6. インドネシア高速鉄道はその後どうなってる?中国の反応(報道)等をまとめてみた「インドネシアは環境が悪いがやる」「加速して推進する」

  7. 北朝鮮への制裁内容として金正恩の妹が含まれる!?中国の反応「妹はなんでそんなに痩せているのだ」

  8. 福原愛と石川佳純の対戦成績!数字の比較から見る本当の実力の差とは?

  9. ドジャース前田健太メジャー強烈デビュー!海外の反応「もうMVPを与えよう」「マントラ忘れないように」

  10. アントニオ猪木vsモハメドアリは茶番だったのか?海外の反応「最も退屈」「人類史上最も感心した試合」