中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

日銀マイナス金利導入の意味と海外の反応「円安ならそれでいい」「本末転倒だ」

本日1月29日正午過ぎに突然、日銀からマイナス金利導入の発表があり
為替や株のボラが非常に大きくなった。
ドル円は3円近くの乱高下、しかし円安方向に基本的に動いている。

今回の日銀会合の焦点は第3段の追加緩和をするのかしないのかが
焦点であったが、誰も予想していなかったマイナス金利の導入で来月16日から実施すると発表。
市場は混乱したが、相場を見る限り前向きに受け止められたようにも思う。
日経も476.85円高で取引終了。
日銀のマイナス金利導入の意味を見ていってみよう。



スポンサーリンク




日銀マイナス金利導入の意味と海外の反応

日銀が今回行うと発表したマイナス金利導入の意味を復習しておこう。
そもそも筆者もマイナス金利というのは欧州で取り入れられたことで
そんなことがあるのかと衝撃を受けたことがあるが、あくまで中央銀行と民間銀行間の取引である。
身近な例で簡単に言えば、銀行に預けたら普通は利息がつくが
マイナス金利なので、利息ではなくマイナスになっていくということだ。
(あくまで日本銀行において。日本銀行は民間銀行のお金や他国のお金を貸し出したりしている)
(もちろんこれによって民間銀行も導入することはありえるが海外を見てもごく一部)

ただ今回、日銀自体もぎりぎりの判断だったようで、賛成:反対=5:4だったようだ。

このことの意味は何か?期待される効果は以下

メリット
・預けておくことが損なので、投資が促進される
・貸出も増える効果
デメリット
・投資などが下手な銀行の銀行経営がうまくいかない可能性が出てくる
・銀行経営がうまくいかないことが浮上し、倒産などあればパニックになる

このような意味・効果があると言われる。

また、2014年から欧州で、さらにデンマーク・スウェーデン・スイスですでに導入されているが
成功しているのかどうなのか微妙なところであり、
なんとも言えない状態であると思う。

これに対する海外の反応を見てみよう。

■海外の反応 facebookより

「政府は経済に干渉し続けているな。しかしこれは愚かな判断だ。本末転倒である」

「この政策はブラボーだと思う。投資促進となる。うちの国も追随すべきだ」

「イスラムでは金利が禁止されている。日本もイスラムと同じだな」

「そりゃあワイルドだ」

「これは窃盗と同じ。合法的に人々からお金を奪います」

「本当に借りたお金のリターンを得られるのかなあ」

「貯蓄を強制的に株式に回す政策だ」

「円安であればそれでいい」

「間違ったことをやっているね」

「感心しないねえ」

出典:https://www.facebook.com/wsj/?fref=nf

全体的にはやや悪い印象を受けている人が多いですね。
もう少し、マイナス金利を導入している国のコメントが欲しいところですが
やはり、民間への影響はあまり実感できないからか
これといったコメントを得ることは出来なかったですね。



スポンサーリンク




日銀マイナス金利導入の日本の反応

さて、当の日本の反応を見てみましょう。
早速2月16日から実施されるようです。

■日本の反応 バズられている順

個人口座直結の誤解が多いという指摘が多かった。
そしてそのマイナス心理に便乗した詐欺が流行るから注意した方がいいよという
ツイートが多かったです。

マイナス金利の効果が欧州を見ても、微妙であり
これによって経済が良くなるという確信もなく
やってみなければわからないというところだからか
政策に対する直接的な言及は少ないように感じました。

とりあえずは株価や為替の動きで
今回の影響を見ていきたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA