中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

有馬記念2016予想オッズと過去配当金:日本の反応

12月25日(日)クリスマスの日に中山競馬場10R、第61回有馬記念(GⅠ芝2500m)が行われます。

1年を締めくくるレースとしてファン投票にて出走馬を選定する、他に類をみないレースとしても注目を集めています。

その有馬記念の気になる出走予定馬の予想オッズ過去の配当金について調べてみました。



スポンサーリンク




出走予定馬と予想オッズは

ファン投票順 

  • サトノダイヤモンド 2.6倍 (牡3) C・ルメール
  • キタサンブラック  2.7倍 (牡4) 武豊
  • ゴールドアクター  6.2倍 (牡5) 吉田隼人
  • サウンズオブアース 8.0倍 (牡5) M・デムーロ
  • シュヴァルグラン  10.6倍 (牡4) 福永祐一
  • マリアライト    18.0倍 (牝5) 蛯名正義
  • ミッキークイーン  25.0倍 (牝4) 浜中俊
  • ヤマカツエース   30.0倍 (牡4) 池添謙
  • アドマイヤデウス  40.0倍 (牡5) 岩田康誠
  • デニムアンドルビー 51.0倍 (牝6) M・バルザローナ
  • アルバート     66.0倍 (牡5) 戸崎圭太
  • サトノノブレス   80.0倍 (牡6) V・シュミノー
  • マルターズアポジー100.0倍 (牡4) 武士沢友治
  • ヒットザターゲット140.0倍 (牡8) 田辺裕信
  • サムソンズプライド190.0倍 (牡6) 横山典弘
  • ムスカテール   200.0倍 (牡8) 中谷雄太



スポンサーリンク




過去10年の配当金

  • 2015年 単勝1700円(8番人気) 3連単 125.870円(450番人気)
  • 2014年 単勝870円 (4番人気) 3連単 109.590円(356番人気)
  • 2013年 単勝160円 (1番人気) 3連単 5.240円 (7番人気)
  • 2012年 単勝270円 (1番人気) 3連単 24.250円 (58番人気)
  • 2011年 単勝220円 (1番人気) 3連単 78.260円 (207番人気)
  • 2010年 単勝840円 (2番人気) 3連単 60.770円 (179番人気)
  • 2009年 単勝400円 (2番人気) 3連単 18.890円 (27番人気)
  • 2008年 単勝260円 (1番人気) 3連単 985.580円(1052番人気)
  • 2007年 単勝5230円(9番人気) 3連単 800.880円(842番人気)
  • 2006年 単勝120円 (1番人気) 3連単 9.680円 (31番人気)

過去の配当からみると1番人気が5勝、2番人気が2勝と平均1.007円ですが、

大きく荒れたのは2007年のみで単勝は固い決着が多く見られます。

3連単は平均221.901円と小波乱がありそうです。

2着、3着に来そうな穴馬を探せという感じでしょうか。



スポンサーリンク




ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. コーチ4年で井村雅代は中国の評価をどのように変えたか?現地メディアから探ってみた!

  2. SMAP解散の海外の反応のアジアと欧米の差が歴然!

  3. ベルギー爆破テロはなぜ!?絶対知っておきたいこの街の裏事情!海外の反応「ベルギーがEUでないならテロはない」「もう一度教えて、なぜ難民を受け入れる?」

  4. ウインブルドン2016の賞金!比較して分かるすごさと去年決勝の海外の反応

  5. トルコのアンカラでまたテロ!なぜ多いのか3分で分かる構図と海外の反応「難民への国境解放の結果」「オバマが戦争を広げる」

  6. 慰安婦少女像撤去に猛反発の韓国に撤去しなければ10億なしという日本!海外の反応も炎上!

  7. 北朝鮮への制裁内容として金正恩の妹が含まれる!?中国の反応「妹はなんでそんなに痩せているのだ」

  8. 台湾地震ビル崩壊の救助の実態!日本と海外の反応「あれさえなければ!」「恩を返すぞ!」

  9. ピートローズとイチローの評価に共通する、日本人野手がメジャーで結果を出せない理由とは?

  10. 消費税10%いつまで延期?国民の反応「条件に世界経済の大幅な収縮を加えた」「天変地変がない限り増税しなければ嘘の積み重ねになる」