中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

村田諒太は何故負けた?おかしい疑惑の判定はジャッジ買収か誤審か?

WBA世界ミドル級王座決定戦が行われ、

ロンドンオリンピック金メダリストで

ミドル級2位の村田諒太選手が

世界初挑戦しました。
対戦相手は同級1位のアッサン・エンダム選手。

村田選手は絶えず相手を圧倒し、

4ラウンドにはダウンも奪い

誰もが勝利を疑いませんでしたが、

まさかの判定負けを屈してしまいました。

 

 

村田諒太選手は何故判定負け

してしまったのでしょうか?

 

負けた理由は不可解で、

村田選手優勢の試合展開での敗戦は、

おかしいと疑惑の目が向けられても

おかしくはありませんが、

ジャッジの買収や誤審・八百長だった可能性も

あるのでしょうか?



スポンサーリンク




村田諒太対アッサン・エンダム

ロンドンオリンピックの金メダリスト

村田諒太選手が初の世界戦に挑み、

WBAミドル1位のアッサン・エンダム選手

と対戦しました。

 

第1ラウンドは村田選手は様子見とばかりに、

パンチを繰り出さず、

相手の出方を見ているようでした。

 

実際1ラウンドのポイントに関しては、

取られても仕方がないと

語っていましたね。

 

第2ラウンドからは、

徐々に手数を増やし、

フットワーク軽くリングサイドを回る

相手を圧倒するボクシングを

展開していきます。

 

そして第4ラウンドには、

右カウンターでダウンを奪いました

 

ロープ際に追い詰め、

ガードの上からでも効いている

とわかる右ストレートで、

何度もダウンを奪いかけました。

その後は粘り強い相手から

ダウンを奪うことが

できませんでしたが、

終始完全に試合を支配し、

相手も逃げ腰になっていました。

 

最後まで手を緩めず、

判定になった場合は、

見ている誰しもが

村田選手の判定勝ちだと思われましたが、

なんと判定はアッサン・エンダム選手が

2-1で判定勝ちとなりました。



スポンサーリンク




何故村田諒太は負けたのか?

何故村田諒太選手は負けたのでしょうか?

解説をしていた山中慎介選手も、

不可解な判定に対し、

考えられることついては、

アッサン・エンダム選手の手数が

多かったと言われていました。

 

確かに劣勢ながらアッサン・エンダム選手は

手数を多く放っていました。

 

しかし、有効打といえるパンチは、

決して多くなかったように思います。

日本ボクシングコミッションのサイトに、

世界戦の採点基準

以下のように記されています。

 

■採点方法
リングサイドに座った3人のジャッジが
ラウンドごとに10点満点の減点法で
優劣を採点しますが、
試合が判定になった場合は
これを集計して ジャッジの2人以上が
支持したボクサーが勝者となります。

4回戦は40点満点、12回戦は120点満点です。
各ラウンドの採点はですが、互角の場合は10対10、
一方が勝っている場合は10対9、
一度のダウンやこれに近い
グロッギー状態(パンチを受 けてふらふら)
のときは10対8、
2度のダウンやKO寸前の場合は10対7、
3度のダウンは10-6となります。

それ以上の差が開いた場合は
レフェリーが試合を止めるの で、
10対5という採点はありません。
また、10ポイント・マスト・システム
というルールがありますが、
これは勝っている方に必ず10点を付け、
9対9、9対8などという採点はしない
ということです。
反則による減点は合計点から引きます。

 

■各ラウンドの採点基準
採点基準は大きく分けて次の4項目があります。
① 有効なパンチによって、
どちらが相手により深いダメージを与えたか。

② どちらが、より攻撃的だったか。
ただし、有効なパンチを伴わない
単なる前進は評価の対象となりません。

③ どちらがよりディフェンス技術を駆使して
相手の攻撃を防いだか。
ただし、これも攻撃に結びつかない
単なる防御は評価の対象とはなりません。

④ リング・ジェネラルシップといって、
どちらの試合態度が堂々としていて、
戦術的に優れていたか。
どちらが主導権を握っていたか。

引用:https://www.jbc.or.jp/info/howtobox/kiso.html#judge

 

各ラウンドの採点基準からしても、

殆ど村田選手が優勢であったと思います。

あえて言うならば、

ディフェンス技術を駆使して、

攻撃を防いでいたかという部分でしょうか。

 

確かにあれだけの猛攻を受け、

1度のダウンのみで耐えたことは

称賛に値すると思います。

 

しかし、それは村田選手が

攻め続けた結果であって、

ボクシングは防御をたたえる

スポーツではないのでは

と思ってしまいますね。

 

おかしい疑惑の判定はジャッジ買収か誤審か八百長か?

正直、

試合すべてを見ましたが、

村田諒太選手が負ける要素が

見当たりませんでした。

 

となると、

ジャッジの買収・誤審・八百長まで

疑われても仕方がない

問題になりそうですね。

 

判定がおかしいのは

誰の目から見ても明らかで、

折角の村田選手の晴れの舞台、

世界初挑戦が疑惑の試合

となってしまいましたね。

 

疑惑の判定ということであれば、

過去にも色々あったようですね。

1992年WBA世界スーパーフライ級、

鬼塚勝也選手対タノムサク選手

が有名みたいですね。

 

人間が判定することなので、

絶対ということはないと思いますが、

 

なんとも腑に落ちない結果

となってしまいました。

 

■関連記事

東京五輪・有明アリーナ建設見直しに待った。川淵三郎氏「夢がある場所を作るのがなぜ悪い?」

内山高志はコラレスになぜ負けた?海外の反応

パッキャオとブラッドリー引退マッチのファイトマネー(賞金)はいくら!?

 

まとめ

村田諒太選手の世界初挑戦は、

なんとも腑に落ちない形で

終わってしまいました。

 

判定の瞬間どっちが勝っているかは

お互いにわかっていた

という表情をしていましたね。

世紀の大誤審として

語り継がれることになりそうですね。

 

しかし、

村田選手の挑戦は

ここで終わりではありません。

再度チャンピオンに挑戦し、

今度は文句のないKO勝ちを見せてほしいですね。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

    • 2017年 5月 21日

    ねえねえ
    村田攻め続けたの?
    1ラウンドに出したパンチの差数えて見て
    有効打もあからさまにふらついた時とダウン意外全てブロックされてるよんね?
    相手にも有効打はなかったけど村田もダウン意外の有効打は2-3
    ダウンのラウンドも有効打のラウンドも手数だせれてるので10-9
    その他のラウンドは有効打がお互いにないから10-9で手数に勝るランダム
    よってランダムの勝ち、試合見直してみなよ。村田の攻撃はほぼブロックされてるから

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 韓国のフィギュア界でキム・ヨナ以外でついに天才が誕生!11歳ユ・ヨンへの海外の反応

  2. 日韓通貨協定復活を示唆!海外の反応に日本は大炎上

  3. 人民元安が酷い!影響と海外の反応「人民の不運がくる」「アベノミクスを認めよ」

  4. イランとの断交がなぜこれほど相次ぐのか!?正しく理解した上で海外の反応を見てみよう

  5. インドでM6.7の地震!海外の反応と地震国日本の反応が全然違う!

  6. 日本人と中国人の性格や考え方の違いが良く分かる!中国面白特許発明を一挙ご紹介!

  7. 山口螢怪我のその後の状況は?選手としての海外の反応「ドイツ人よりドイツ語がいいぞ」「メンタリティーが良い」

  8. サムスンに集団訴訟!業績は大丈夫?海外の反応「勝って2.7万円など意味がない」「ノート5にも問題が発生している」「迅速に改善してノート8と交換してくれ」

  9. イランとサウジアラビアが断交したのはなぜ?海外の反応は?石油が気になるようだ

  10. 中国人が爆買いする理由!日本をスーパーマーケットにするのはなぜ?海外の反応 「ほほ、日本を救えるのは中国だけのようだ」「物は安く品質は良く店員嘘つかない」