身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

東京サマーランドで切り付け事件はなぜ起きた?危機管理体制が議論に!反応まとめ「なぜ営業を続けているんだ!」「まだ普通にお客さんが遊んでる、怖すぎる」「パニック防止のためか?」

8月21日日曜日16時のニュースで東京あきる野市にある「東京サマーランド」にて
女性8人が尻を刃物のようなもので切られた、という事件が発生。
被害者は全員20歳前後の若い女性だと言う。軽症ではあるが、筆者も何度も行ったことのあるサマーランドでなぜこんなことが怒ったのか?
まだ情報が少ないが調べてみた。



スポンサーリンク




東京サマーランドで切り付け事件はなぜ起きた?

東京サマーランドでの切り付け事件は、波の出るプール内で遊んでいた女性が被害者だそうだ。
しかも17時時点で犯人は逃走中。捕まっていない。

ネットで話題になっているのは、「なぜまだ営業を続けているのだ?」ということだ。
中継中にも関わらずたしかに営業がされている。
多くの人がこれに疑問を持っているようだが、これはパニック対策である可能性も指摘されている。
確かにアナウンスすればパニックになり、正常な行動がとれない人が出てきて2次被害などがあるのかもしれない。
そのへんは専門家じゃないとわからないが、考えての判断なのだろうか?

なぜ?犯行が行われたか?

今の時点では推測でしかありませんが、ネットであがっているのが以下

「女性の水着を切って露出を狙ったんでしょ」
「若い女性に対する異常な執着」
「性よくがおかしい方向にいったパターン」
「露出して恥をかかそうとした」

と、いった推測がほとんどです。
若い女性ターゲットで尻を狙ったというと確かにそう考えるのが自然なのでしょう….。

>>追記

後日、営業を続けたことについて支配人は以下のようにコメントしています。

「1万人近い客が来園しており、『お帰りください』となればパニックも予見された。具体的に誰かが切りつけたという情報はなく、パニックにならないように対応した」



スポンサーリンク




東京サマーランドで切り付け事件の反応

「まだ営業しているけどアナウンスしてないの??」

「8人が斬りつけられたにも関わらず、その後も普通に営業を続けていると言うのは、どういう危機管理体制なんだ!」

「上空から中継されてるけどまだ普通に遊んでいる…。怖すぎる」

「犯人捕まってないのに営業続けるってどういう神経??」

「営業続けるのはパニック防止のためなのか?」

「水着を切って露出させようとしたんじゃないの」

「こんな事件ばっかりやな」

「恐ろしい」

「今年はやばいな」

「頭おかしいとしか言えない」

「危機管理ってことでまた色々騒がれるのだろうな。プールだから着替えて逃げろという指示も余計怪我人増えそうだし、裸で逃げろというのもおかしい。子供も多いしパニックになったら恐ろしいしいからな」

出典:twitter&yahooニュース

確かにアナウンスしたら、ロッカールームで大変なことになりますね…。遊園地の危機管理ということで、議論になりそうです。
犯人が早く捕まることを願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. スイスの地下物流網構築計画に驚愕!海外の反応「次世代物流革命!」「ついでに全人口収容できるシェルターとして」

  2. 池上彰緊急スペシャルの戦争がなくならないことについての回が炎上!反応まとめ

  3. スマスマで解散騒動謝罪に対する海外の反応!強すぎる違和感の正体が分かった「謝罪するのはメリーだ!」「メンバーが謝罪するのはどう考えてもおかしい」

  4. リオオリンピック日本のメダル数と治安・大会運営についての3つの予想の結果は?反応まとめ「メダルラッシュ凄かった」「運営も含めて大成功」

  5. 台湾総統選挙はアイドル問題に留まらず!中国で汚職容疑調査、女優との醜聞報道も!海外の反応は?

  6. ウィサム・アルマナの資産とwikiに驚愕!海外の反応「ゴージャスだ」「彼は家庭的な男だ」

  7. 着工済みインドネシア高速鉄道に対しジャワ横断鉄道を日本に建設要請!反応まとめ「中国には頼まないの~?」「“安物買いの銭失い”を漸く理解!」

  8. 中国、韓国と日本の慰安婦問題の合意を非難「お詫びに疑念」海外の反応は!?

  9. イランとサウジアラビアが断交したのはなぜ?海外の反応は?石油が気になるようだ

  10. コーチ4年で井村雅代は中国の評価をどのように変えたか?現地メディアから探ってみた!