身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

東日本大震災から5年・最新海外の反応「復興に感動」「学ぶべきものがある」「放置されるところもあり悲しい」

2016年3月11日で東日本大震災から早いもので5年経ちます。
5年経った今、各国の新聞や雑誌・サイトでも大きく取り上げられています。
当たり前ですが、世界にとっても衝撃の日だったわけです。

前回の記事では、それからの日本と他国の原発政策を比較し、考えさせられる結果となりました。
今回は各国のサイトから海外の人のコメントを紹介していきたいと思います。

あれから5年、最新海外の反応を御覧ください。



スポンサーリンク




東日本大震災から5年・最新海外の反応

それでは早速、東日本大震災から5年した今、
各国であげられている記事に対する海外の反応を見ていこう。

コメントは思ったよりは少なかったです。恐らく3月11日後の方がコメントが集まると思うので
その時に追記するようにします。

反応が多かったのがgoogleが自身のストリートビューより
震災後からの景色の推移を公開しているものを引用してのニュースが多かったです。

googleは動画でも公開し、多く再生されています。

■東日本大震災から5年、海外の反応

サイトの見出し『東日本大震災から5年 私たちは忘れない』
サイトの見出し『ビフォアーアフターピックス』
サイトの見出し『東日本大震災から5年 被災者の70%が復興遅い』
サイトの見出し『5年経ち、現地では復興ツアーが行われている』

「私たちは、大震災から復興した日本から多くのことを学ばなければなりません」

「日本は復興し、はるかに向上している」

「感動的だ」(ビフォアー・アフター画像に対して)

「ハードワークが必要とされるな」

「復興は今も進んでいるな」

「5年経ち、生活はゆっくりと通常に戻ってきているようだ」

「フェイドアウトさせたくないね」

「悲しいな。日本の人口減も起因して、津波の影響で海岸線のほとんどは放置されるだろう。」

「多くの町で復興のための努力をしてきた。ボランティアも長く滞在したようだ。投資したお金は将来にわたっても良くなるように投資されてきた。
しかし、悲しいことに多くの村は放置されてきている。人口減少と短絡的に結びつけるわけにはいかない」

「このようなおそろしい出来事に対して、日本人が復興し、改善に取り組んでいることが素晴らしいと思うわ」

「311は数十秒で数千人の命を永遠に奪ってしまった。私は日本へこれからも支援を継続し、平和のお手伝いをし続けます」

出典:http://goo.gl/kM3ChM
出典:http://goo.gl/nqyE6R

日本では更地のところも多いと批判的な話もよく聞くが
ここではしっかりと復興していることが印象づけられる記事もあった。

もちろん地域によるのでしょう。

筆者も日本国内ではかなりネガティブな報道が多く
ダメな部分に焦点が当てられ、課題が多い、という結論のものが多いように思うが
同時に、しっかりと復興された部分も少なからずあるので
どちらの認識も大事であり、そのうえで進んでいくべきであろうと思います。

11日は、14時46分から1分間、国でも黙祷を呼びかけています。

■関連記事

高浜原発事故の原因究明甘いと運転停止の仮処分決定!311以降の各国の原子力政策を比較して見えてくる日本の甘さ

福島原発凍土壁は完成した!いったいいつ汚染水問題は解決する?反応まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. ハリケーンマシューの衛星画像が不吉!海外の反応「死神だ」「笑っているようだ」

  2. 外国人に映る中国のイメージは米国についで2番目って本当なのか??調査結果の意図的解釈が酷すぎる!!

  3. フィリピン大統領の発言、そのうち「落とし前」をつけるとの変心に中国網友が怒り心頭!反応まとめ

  4. ゴルフの石川遼くん結婚!写真は公開されてる?海外の反応「遼の人生を台無しにしないで!」「金目当てだ!」

  5. バットマンvsスーパーマンのキャストが1分で分かる表を作ってみた!公開前の海外の反応「世界で最も素晴らしいコミック」「待ってられない」

  6. サムスンに集団訴訟!業績は大丈夫?海外の反応「勝って2.7万円など意味がない」「ノート5にも問題が発生している」「迅速に改善してノート8と交換してくれ」

  7. EUとは?簡単に小学生でも分かるように説明しみた!1番しっくりくる例えは結婚?

  8. 大谷翔平が163kmの日本最速!米国最速171km投手はどう評価されている?

  9. SMAP解散の海外の反応のアジアと欧米の差が歴然!

  10. インドネシアなどで中国の高速鉄道と競合している日本企業が特許侵害訴訟を起こさないのはなぜ?