身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

橋下徹の発言「チョロネズミ」の真意とは?衆議院選挙2017

あなたはこの発言をご存知でしょうか?

この衆議院選挙2017は、見事自民党の勝利に終わりました。

期待されていた希望の党ですがあまりにも成果が上がりませんでした。

希望の党代表の小池氏が「排除します」というきつめの発言をしたせいで国民からの指示は急落しました。

しかしこの「排除します」という発言で、橋下徹は小池氏を評価し「チョロネズミは駆除しなければならない」と言ったのである。

チョロネズミという言葉が私も分かりにくかったので、分かりやすく言うと「自分の信念や考えを持たず選挙に勝てそうな政党にころころ変わる人の事」をさしています。

ちょろちょろとネズミのように政党を変える人のことですね。

小池氏は、希望の党の地盤を強固なものにしていくために自分の考えを持たず政党をころころ変える人を「排除する」といったのでしょう。

別にこの発言はよく考えると悪いことではないのですがあまりにもきつめな発言だったため急速に支持する層が離れてしまいました。

小池氏は東京都知事も兼任しているため、東京の政治をきちんとしてくれるのかと有権者から選挙が始まる前から不安視されていました。

希望の党に対し、私も期待が高まると同時に不安だなと思っていたのも事実です。

オリンピックなど重大行事が控える中で、小池氏は衆議院選挙に出たのです。

党代表と都知事兼任は相当な激務なはずです。

同時にこなせるとは思えませんでした。しかし私は希望の党の政策に期待し希望の党に票をいれました。
見事に敗れ去ってしまった希望の党ですが、小池氏が目指すしがらみのない政治にはやはり排除も必要だったのだと思います。

もし「排除する」と発言せずに政党をころころ変えるチョロネズミを排除するだけだったら選挙に勝っていたかもしれませんね。

しかしこの発言は橋下氏が本当に小池さんを評価したのか疑問です。

ここからは私の個人的な意見です。

「小池さんを評価したのだろう」と私も思ったのですが、よく考えたら小池さんも東京都知事なのです。

東京都知事と希望の党をちょろちょろするという意味では小池さんもチョロネズミなのではと考えてしまいました。

あくまで個人的な考えですが橋下氏は小池さんをも皮肉っていたのでは?と考えられないこともないです。

またもう一人橋下氏が評価した人がいました。

前原さんですね。

民進党の解散および希望の党に合流した人です。

しかし前原さんもいきなり考えを変えて勝てると思ったから希望の党に合流したと言えなくもないです。

しかも前原氏が代表だった民進党の元仲間だった人は、小池さんと考えが合わないせいでほとんど希望の党に入れなかったといいます。

前原さんに対し、橋下氏は「勝てる可能性がある勝負に出ることはリーダーに必要なことだ」という意味の発言をしていたようです。

橋下氏は、「前原さんや小池さんは素晴らしい行動をとった」と言っているようですが、前原さんや小池さんの実際にやっていることを見るとどうもチョロネズミに該当するのではという節がある。

評価もするが皮肉もするというダブルの意味にとらえることができるというのが私の考えです。

もちろん私の考えなので真意は一体どこにあるのか分かりません。私が深読みしすぎているのかもしれないです。

選挙には負けてしまいましたが、小池さんの東京都知事としての活躍に期待したいです。

もちろん私が投票した希望の党に合流した前原さんの活動にも注目したいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA