中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

海喜館(五反田)で事件発生?積水ハウスが地面師の詐欺被害に遭う!

積水ハウスが不動産取引において、

詐欺被害に遭ったと報じられています。

 

五反田にある海喜館という物件の取引で、

この事件には地面師と言われるプロの詐欺師

絡んでいるのではとされています。

 

一体積水ハウスに何が起こったのでしょうか?



スポンサーリンク




五反田の海喜館で事件発生?

五反田にある海喜館という旅館をめぐる不動産取引で

事件が発生した模様ですね。

 

その事件とは、

積水ハウスが不動産の購入代金の殆どを

支払ったにもかかわらず、

不動産の登記ができない事態に

陥っているというものです。

 

なんらかの犯罪に巻き込まれた可能性があるとして、

被害の申し入れを行ったとみられています。

 

この海喜館は2000平米(605坪)の土地で、

取引価格は70億円と坪単価はなんと

1157万円です。

 

積水ハウスは70億円のうちすでに63億円を支払っていますが、

所有権移転の申請をしたところ、

所有者側の提出書類に真正ではないものがあったとして、

申請が却下されています。

 

この取引は、

所有者と積水ハウスの直接取引ではなく、

2者の間に仲介者の存在があったみたいですね。

 

しかし、この仲介者は「なりすまし」であったとみられており、

この仲介者が63億円

持ち逃げしたのではと言われています。



スポンサーリンク




積水ハウスが地面師の詐欺被害に?

この仲介者とみられる人物は、

地面師と言われる詐欺師だったとされています。

 

地面師とは、一体どんな人なのでしょうか?

 

地面師の定義はこちら

 

土地や建物の持ち主が知らないうちに本人になりすまして

不動産を勝手に転売して代金をだまし取ったり、

担保に入れて金を借りたりする詐欺グループ。

書類を偽造する役や土地を探す役、

持ち主になりすます役など役割を分担しているとされる。

引用元:朝日新聞掲載「キーワード」

 

 

主に都心部での不動産取引において現れるようで、

1990年代のバブル期には頻繁に地面師が絡む事件が

発生していたようですね。

 

積水ハウスといえば知らない人はいないほど有名な企業であり、

東証1部にも上場している大企業です。

しかし、なぜこのような大企業が

詐欺被害に遭ってしまったのでしょうか?

 

海喜館の元の所有者はすでに亡くなっており、

取引開始後からは所有者が変わっている

という情報もあるようです。

 

積水ハウス側は今回の事件について、

把握できていないためコメントができない

と回答しています。

 

この海喜館はいわくつきの物件として知られており、

この物件に手を出してしまったこと自体も謎となっています。

 

■関連記事

セーフガードとは?アメリカ産牛肉が値上げか?意味や条項を調査!

キヤノンが合併規則違反で制裁金?欧州連合(EU)が異議告知書を送付!

 

まとめ

大企業の積水ハウスでさえ

詐欺被害にあってしまうという

恐ろしいニュースが報じられました。

 

事件については謎な部分が多く、

全容解明はされるのでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA