身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

滑走路のある南沙諸島を中国が試験飛行しベトナムが抗議声明!海外の反応は?

中国が南沙諸島ベトナムの領有権のある滑走路も作った人工島もある場所にて
試験飛行をしたと発表。ベトナムは早速抗議声明を発表し、
アメリカも懸念する声をあげていることが1月3日に報道された。
日本は特に他人事ではありません。明日の尖閣諸島なわけですが(というか最近も尖閣諸島の問題は起きている)
早い段階で中国の国際法違反を食い止めなければ、どうなるか、
日本も食い物にされるのは目に見えているわけです。

世界はこれをどうみているのか?大変気になる問題です。

*上記写真はイメージです。アメリカの写真です。



スポンサーリンク




滑走路のある南沙諸島を中国が試験飛行しベトナムが抗議声明!海外の反応と日本の反応を比較

滑走路が作られた人工島をどれだけ問題視しているでしょうか?
南沙諸島はすでに中国が領有権を主張し、ベトナムやフィリピンは無力ながらも
抵抗しています。
最近やっとオランダの国際裁判にかけることになったのでそれによる中国の抑制が
かかることを期待します。

年末に池上彰の特番でも取り上げられていたので、あれを見ると危機感が
わかりやすいかと思います。あれは日本人として理解しなければならないことです。
尖閣問題も何が問題か?どういう危機意識が必要かということがわかってきます。

気になるのは、今回のように恐らくパフォーマンスと思われる中国の
試験飛行にて、日本人や海外はどれだけ危機意識を持っているかということです。

国際ルールが意味をなさない世界になり、国際秩序が乱れれば…

中国は今回のベトナムの抗議やアメリカの懸念に対しても
「中国は南沙諸島や周辺海域に争いようのない主権を有しており、道理のない非難は受け入れられない」
「完全に中国の主権の範囲内のことだ」

とにかくまずは日本人の反応を見てみましょう。

■日本人の反応

アメリカへの軟弱な態度への批判、
日本の危機感は多くの人が持っていることは感じました。



スポンサーリンク




滑走路作った南沙諸島人工島を中国が飛行実験!海外の反応

それでは海外の反応を見てみましょう。
ソースはフェイスブックのWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)の記事に対するコメントです。

ちなみに、CHINA DAILYという中国のニュースを世界に発信するサイトもチェックしていますが
10時間くらい経ちましたがコメントがついていないです。
中国人の庶民はどう感じているのかを知りたいですよね。

とにかく世界がどう反応しているか見てみましょう。

■海外の反応

「ベトナムは私達側ですよね?」(欧米人)
「WSJは中国のプロパガンダ以外の目的の何かがあるはずだ」
「もうすぐ第3次世界対戦だ!」
「より大きなスティックを持つ中国は新しいルールを作ります」(ことわざか?)
「地球において何の問題も発生しませんように。私たちはお互いを想い合うことが出来ます」

出典:https://www.facebook.com/wsj/?fref=nf

ちょっとまだ反応が少ないですが、追記で中国の反応を載せたいと思います。

意見は少ないですが、基本的には問題視されているととらえて良いのでしょう。
そして基本的に平和を望んでいるということでしょう。

以前の人工島が作られた、というところでは
オバマ大統領への批判が目立ちましたが、今のところ見受けられませんでした。
もうすぐ大統領選であるところも狙ってやっているのでしょうか。

分かりませんが、確実に中国はステップを前に進めています。
人工島を作った時点で対処出来なかった→飛行実験を作った時点で対処出来なかった→….

どこまで進めていくか分かりません。
ベトナムが大変になったところで初めて日本人全体がピンチと感じるようでは遅いのです。
すべては初期段階の処理が重要となります。
この場合はアメリカと国際裁判所の早期の判決を望むしかないのですが、
大変なことになる前に、問題が解決することを望むところです。

今後も動向を見守っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA