身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

焼肉鉄庵の荒井章治店長が炎上?安倍晋三首相のクレジット情報漏洩か?

焼肉鉄庵の荒井章治店長が、

マスコミの取材に対し

安倍晋三首相のクレジットカード情報

について話している姿が放送され、

客の情報を漏洩させたのではと炎上しています。

 

一体どんな内容だったのでしょうか?

焼肉鉄庵の荒井章治店長

対応について調べてみました。



スポンサーリンク




焼肉鉄庵とは?

焼肉鉄庵とは山梨県の河口湖近くにあり、

和牛を中心に提供している焼肉店です。

 

ゴルフの後や観光の後などによく

利用されているお店のようです。

 

メニューはファミリーセット(3~4人前)が11000円、

特撰ファミリーセット(3~4人前)が15800円などがあります。

一人当たりの予算は3000円~8000円程度と

なっていますが、

中にはブランド牛などもあり、

近江牛であれば1人前3000円以上

もするお肉もあるみたいです。

 

荒井章治店長が炎上?

焼肉鉄庵の店長は荒井章治さんとおっしゃる方で、

あることで炎上しているみたいですね。

 

グルメサイトなどを見てみると、

一部従業員の接客がなっていないという書き込みもあるようですが、

店長さんについては概ね態度も良く高評価のようです。

 

一体店長さんは何故炎上してしまったのでしょうか?



スポンサーリンク




安倍晋三首相のクレジット情報漏洩か?

焼肉鉄庵の荒井章治店長が炎上している理由は、

安倍晋三首相が加計孝太郎さんと一緒に

焼肉鉄庵を訪れた際のことをテレビで

話してしまったことが原因のようです。

 

店長が語ったのは、

加計問題が話題になる以前のことだったようで、

安倍首相が奥の席に座り、

秘書の方が上タン・上カルビ・ハラミ・ビールを頼んで

安倍首相の個人のクレジットカード、

「VISAのゴールド」で会計をしたと、

あろうことか個人のクレジットカードの情報

について喋ってしまっていました。

 

加計問題で揺れる安倍内閣ですが、

さすがにプライベートで訪れた食事の場でのことや、

クレジットの情報を話してしまうのはいかがなものかと

安倍首相に同情的な意見が多く寄せられています。

 

グルメサイトなどにも

安倍首相の通う店として、

口コミが寄せられていたため、

テレビ局も取材に行ったのだと思いますが、

客の個人情報の漏洩ではないかと

炎上してしまっています。

 

人々の反応は?

 

 

■関連記事

山口俊が暴行傷害で登板回避?泥酔で警備員を負傷させ解雇の可能性は?

グッチ裕三がステマ?浅草メンチのオーナーだった!周囲から苦情も?

 

まとめ

テレビの取材に対し余計なことを

話してしまった焼肉鉄庵が炎上しています。

 

今後訴えられてしまう可能性もありますが、

テレビに出た代償は大きかったということになりました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 中国の高速鉄道計画は世界へ!次の目論みは海底トンネルで台湾へ!海外の反応「まずは統一だ」「小英は憤死するだろう」

  2. 石炭火力発電所の新設計画を環境省が容認!なぜ今?海外の反応

  3. フィリピン大統領選挙候補者TV討論会での過激発言!海外の反応「毒入りバナナを食べ過ぎたのだろう」「中国がどれほど大きいかを見に来たら!」

  4. テレサテンが香港で天安門事件直前に祖国民主化を願った彼女の生誕63年の今の海外の反応「今はテレサが台湾独立を願ったことを知らない」

  5. 韓国が北朝鮮に厳しい制裁!中国は反対?躊躇の理由は?海外の反応「何年か前、自国も北朝鮮と同じだった」「虎を養っておいて患となす」

  6. ピートローズとイチローの評価に共通する、日本人野手がメジャーで結果を出せない理由とは?

  7. 日本人と中国人の性格や考え方の違いが良く分かる!中国面白特許発明を一挙ご紹介!

  8. ダラス警官銃撃事件で使用のロボットの動画!海外の反応「人をあやめるのは人の仕事だ」「いくらするんだ!他の方法があったろう」

  9. ドジャース前田健太メジャー強烈デビュー!海外の反応「もうMVPを与えよう」「マントラ忘れないように」

  10. 阿蘇山噴火に対する海外の反応まとめ「九州では地獄が起こっているのですか」「エネルギーが分散されてむしろ良いことなのでは」