身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

男子バレー柳田将洋の海外の反応・評価「たった186cm!」「いったい何本サービスエースをとってるんだ」

前回の男子バレー石川祐希に引き続き柳田将洋選手の海外の反応・評価を見ていこう。

最近は、実力だけでなく、見た目もレベルが高くなっているような気がするが
恐らくメディアが取り上げるためであろう。
しかし、実力があるというのも本当のことで、
日本では凄いけれど、海外では本当にどのような評価・反応があるか気になるところである。



スポンサーリンク




男子バレー柳田将洋の海外の反応・評価

それでは早速、柳田将洋選手の海外の反応を見てみよう。

「彼と石川祐希は教科書どおりのフォームだ」
「いや、彼らの腕のスイングはとても効率的かつ技術的なものだよ」

「柳田はたったの186センチメートルです!!」

「彼と石川を見るのがとても楽しい」

「日本の外側の両方が爆発して動的だ。彼らは非常に若い。日本バレーボールの未来はよさそうです。」

「評価はDといえる」

「サーブがいいね」

「柳田はとてもキュートだ」

「柳田はベストだ!」

「柳田はサービスエースを何本とっているんだ!?凄すぎ!」

出典:https://youtu.be/C6WUvXRrqbo
出典:https://youtu.be/FufxYnZXMpg
出典:https://youtu.be/hSHf-hsX0i4

多少少なく感じましたが、身長がバレーボール選手としては低い中で
これだけ活躍しているということと、イケメンだということで
まだ世界的に有名になっていない中でもコメントがある程度来ています。

特にサーブの評価が高いですね。



スポンサーリンク




柳田将洋選手の経歴

それではここで柳田選手の経歴を振り返ってみましょう。

東京都江戸川区出身で両親ともバレーボールに精通した人だったようで
その影響でバレーボールを始める。

高3で主将として全国制覇を達成。
慶応義塾大学に進学。(2011年)
大学3年で全日本メンバーに登録され同年Vプレミアリーグ・サントリーサンバーズが柳田の入団を発表されました。

2015年にVリーグデビューし2016年にVプレミアリーグ 最優秀新人賞と受賞しました。

前述のように身長が186cmとバレーボール選手としては低い中で
WSのポジションでその技術力によってそれをカバーしています。

またサーブが良いということが度々言われていて、
現にサービスエースは非常に印象的です。

リオ五輪に向けて頑張って欲しいところであります。

■関連記事

世界最終男子バレーのオーストラリア代表の選手一覧と警戒選手!海外の反応も

男子バレー日本はリオに行ける可能性はあるのか?その厳しい現状と海外の反応

男子バレー石川祐希の海外の反応

木村沙織の最新海外の反応

木村沙織の怪我の状況とタイ戦2警告に大炎上!海外の反応「日本は不正だ!」「恥を知れ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA