中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

石原伸晃自民党都連会長は小池百合子に私怨あり?なぜそんな経緯に?

自民党の都知事選候補者選びが紛糾しており、石原伸晃自民党都連会長が小池百合子を嫌っているからでは、
ともささやかれている。それは、本当のことだろうか?
いったい何があったのか?



スポンサーリンク




石原伸晃自民党都連会長は小池百合子に私怨あり?なぜ?

自民党の都知事選候補者選びが紛糾している。6月28日に立候補を表明した小池百合子に対し、
自民党都連会長の石原伸晃は、10日投開票の参院選後に候補者を判断すると回答し、
煮え切らない態度をとり続けている。
都知事選の公示日は7月14日に迫っている。
これまで、自民党は、前総務事務次官の桜井俊氏を説得したものの、固辞され、
現在は、増田寛也元総務相の立候補を説得しようとしている。
自民党分裂の印象を有権者に与えて参院選に悪影響があるのはまずいとのことで、
候補者決定を先延ばしにしたという見方もある。

「もともと、『小池氏ではダメだ』というのは石原氏が小池氏を嫌っているところが大きい」
との話があるが、それはどこまで真実なのか?

ふたりのこれまでの接点をまとめてみた(Wikipedia参照)

s_20160706%e7%9f%b3%e5%8e%9f%e4%bc%b8%e6%99%83-%e5%b0%8f%e6%b1%a0%e7%99%be%e5%90%88%e5%ad%901

まず、ふたりの肌合いの違いをみてみましょう。

石原伸晃は、東京都知事でもあった大政治家石原慎太郎の息子であり、
政治家としては恵まれた環境にあった。

最初こそ、保守系無所属で、衆議院議員に初当選したが、
その後は自民党として、ほぼ同じ選挙区(東京8区)で連続して、9回の当選を重ねている。
永らく、自民党東京都連会長をしており、政治的な盤石の地盤を持っている。

これに対し、小池百合子はメインキャスターから転身して、日本新党から出馬し参議院に初当選し、
その後新進党、自由党、保守党、自由民主党と渡り歩き、
「政界渡り鳥」とも揶揄されている。
選挙区も兵庫6区から、かの有名な、小泉内閣の郵政民営化解散で、
女刺客として、東京10区に鞍替えして当選して以来を含め、現在まで、8回の当選を重ねている。

小沢一郎への師事と、決別など、数々の政界再編成の荒波を潜り抜けてきている。
当時「小池さんは度胸があるね、愛嬌もあるけど」と小泉元首相に言わしめたこともあるが、
最近の行動も、「最近は女も度胸がある」と評されているようだ。

小池百合子の都知事立候補の評判は?党内の手続き一切なしだが、タイミング抜群!!

一方、石原伸晃は、毛並みは抜群だが、それゆえに「お坊ちゃま」、
「打たれ弱さ」、「のん気さ」などと評されることがある。

2012年の福島第一原発の『サティアン』発言、2014年除染廃棄物を保管する国の中間貯蔵施設建設について
「最後は 金目 (かねめ) でしょ」との発言など、
失言を追及されることが多々あった。

今年、経済財政担当相になってからは、その点はかなり気を配っているように見えるが、
その分あまり目立たないようにも思える。

育ちとこれまでの政治経歴の違いであろうか?ふたりには確かに肌合いに大きな違いがあり、
お互い水と油という関係となってもおかしくない。

石原伸晃と小池百合子が、同じ総理(総裁)のもとで、
大臣や党幹部として仕事をしたのは、2003年の小泉内閣時が最初であり、
それぞれ、国土交通大臣、環境大臣として入閣している。

2007年の第一次安倍内閣では、党と内閣であるが、
それぞれ自民党政調会長と防衛大臣を担っている。
また、2010年の谷垣総裁のもとでは、それぞれ、幹事長と総務会長として、下野した自民党を支えた。

しかし、これらの中で、ふたりが協力して何かを成し遂げたという記憶は筆者にはない。

一方、二人が公に争ったのは、2008年福田康夫首相辞任後の、自民党総裁選挙で、
麻生太郎に二人ともやぶれるものの、歴代最年少総裁候補者として立った石原伸晃は4位と
女性初の総裁候補者小池百合子3位の後塵を拝した。
しかも、このとき、幹事長の石原伸晃が谷垣禎一の総裁立候補を押しのけて、
立候補したと「平成の明智光秀だ」との悪評が立った。

これが、石原伸晃には、かなりの精神的なダメージとなり、トラウマとなったのではないだろうか?



スポンサーリンク




■ 石原伸晃自民党都連会長は小池百合子に私怨あり?に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

コメントは厳しいものが多く、ふたりとも、大変人気があるというわけではないようです。
ただし、自民党が肌合いの違いや、これまでの経緯にとらわれて、さらに参議院選挙の戦略まで持ち込んで、
金と政治の問題で2代続けて、途中辞任した都知事の候補者を選ばれては、都民はたまりません。

これでは、果たして、自民党がこのような都政の状況を本当に自分達の責任と感じているか疑問に思えます。

■関連記事 2016/07/14 更新
自民党都連内田茂幹事長の都議として23余年の経歴は?鈴木俊一、青島幸男知事時代から現在に至るまでどのようにして力を蓄えてきたのか?

石原慎太郎の小池百合子への厚化粧発言はなぜ?過去の発言を検証して分かったこと!

鳥越俊太郎氏の都知事選出馬の評判は?その勝算と懸念点は?反応まとめ

SEALDs解散!なぜ8月15日に?反応まとめ

石田純一都知事選立候補でCM損害賠償請求されると会見!いったい誰が仕掛けたのか?本当に払う必要などあるのか?

桜井俊「家族に迷惑かかる」と都知事選出馬を固辞!!海外の反応も!「パパもとってもハンサム!」「生え際に注意!」「年寄りの邪魔をしてはいけない」

小池百合子の都知事立候補の評判は?党内の手続き一切なしだが、タイミング抜群!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

    • 美智子
    • 2016年 8月 08日

    坊ちゃんの彼は個体としては彼女に劣るので、

    嫌っているのでしょう。

    親の七光りで生きてくると、

    実力がはっきりします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 伊調馨の4連覇は騒がれない?海外の反応「オリンピックに捧げた人生だ」「アメージングなスピリッツ」

  2. 周恩来の評価が激変?女流ジャーナリストの本は本当なのか?海外の反応は炎上

  3. 日銀マイナス金利導入の意味と海外の反応「円安ならそれでいい」「本末転倒だ」

  4. 台湾南部地震で海底ケーブルの心配と海外の反応「建物が踊っているようだ」「自国内で解決出来る」

  5. 韓国が北朝鮮に厳しい制裁!中国は反対?躊躇の理由は?海外の反応「何年か前、自国も北朝鮮と同じだった」「虎を養っておいて患となす」

  6. リオ閉会式引き継ぎ式の日本のパフォーマンスの評判は?海外の反応「創意が素晴らしい」「雨のリオの閉会式が1000%向上した」

  7. 2016年アベノミクスの終焉か?海外の反応「人民元への通価を切り下げの圧力が和らぐ」「円高は始まったばかり」

  8. 鴻海(ホンハイ)にとってシャープ買収はペイするのか?海外の反応「二重の利益が見込まれる」「チャンスだ」

  9. サムスンに集団訴訟!業績は大丈夫?海外の反応「勝って2.7万円など意味がない」「ノート5にも問題が発生している」「迅速に改善してノート8と交換してくれ」

  10. ピートローズとイチローの評価に共通する、日本人野手がメジャーで結果を出せない理由とは?