中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

福島沖地震・津波警報から注意報:津波の高さと脅威、震度5弱・M7.4で起きる災害

20161122_tsunami

11月22日未明 午前6時頃、福島県沖で震度5弱・M7.4の地震が発生しました。

午前6時頃の地震発生から現在までの経緯をまとめると共に、

警報から注意報へと切り替わったものの、以前、記憶に新しい津波の脅威について、

今回の震度5弱・M7.4で発生するおそれのあった大津波どれくらいの津波なのか?といったポイントを読み解いていきます。

スポンサードリンク

福島県沖地震発生から現在まで

午前6時頃の地震発生から現在(22日14時時点)までの経緯を簡単にまとめて振り返ります。

同時刻に午前6時10分には、福島第2原子力発電所3号機にて、プール内にある水を調整するタンクから水位が低下していることを表す警報が発令したため、冷却システムのポンプが停止しています。

発生直後に発令された津波警報は、9時46分には津波注意報へと切り替わっています。

6時2分・気象庁より福島県全域に津波警報、青森~千葉外房までの沿岸に注意報が発令

6時2分:気象庁による津波警報の発令
(写真:気象庁 6時2分発表より https://goo.gl/qIZqwA)

津波警報・津波注意報
平成28年11月22日06時02分 気象庁発表

************** 本文 ****************
津波警報を発表した沿岸は次のとおりです。
<津波警報>
 *福島県

津波注意報を発表した沿岸は次のとおりです。
<津波注意報>
 青森県太平洋沿岸、岩手県、宮城県、茨城県、千葉県九十九里・外房

以下の沿岸(上記の*印で示した沿岸)ではただちに津波が来襲すると予想
されます。
 福島県

*************** 解説 ***************
ただちに避難してください。
<津波警報>
津波による被害が発生します。
沿岸部や川沿いにいる人はただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難し
てください。
津波は繰り返し襲ってきます。警報が解除されるまで安全な場所から離れな
いでください。
<津波注意報>
海の中や海岸付近は危険です。
海の中にいる人はただちに海から上がって、海岸から離れてください。
潮の流れが速い状態が続きますので、注意報が解除されるまで海に入ったり
海岸に近づいたりしないようにしてください。
<津波予報(若干の海面変動)>
若干の海面変動が予想されますが、被害の心配はありません。

************ 震源要素の速報 *************
[震源、規模]
きょう22日05時59分頃地震がありました。
震源地は、福島県沖(北緯37.3度、東経141.6度、いわきの東北東
60km付近)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード
)は7.3と推定されます。

(引用:気象庁 6時2分発表より https://goo.gl/qIZqwA)

スポンサードリンク

午前6時6分・福島県沖で津波の前兆・引き波が観測

午前6時2分の津波警報発令からわずか4分後、

午前6時6分には、津波の前兆ともいえる「引き波」という現象が観測され、30分前後で本州へ津波が押し寄せる可能性が挙がりました。

全域が津波警報の対象となっていた福島県では、いわき市小名浜港・相馬港と、県北部から南部沿岸にかけて津波が確認されていました。

午前6時49分に60センチ、続く午前7時6分には90センチと、高さを増しており、緊張が続いていました。

午前9時30分頃・菅官房長官が緊急記者会見・安倍首相から地震への万全な対策が指示される

菅義偉官房長官は22日朝、福島県沖を震源とする地震が発生し、津波警報が発令されていることに関し、外遊中の安倍晋三首相から万全の対応を取るよう指示があったことを明らかにした。緊急の記者会見で述べた。
(ロイター日本版 11月22日記事 https://goo.gl/6SkRUU)

9時30分ごろには、現在外遊中の安倍内閣総理大臣から「地震に対する万全の対応を」との指示を受けて、菅官房長官が緊急記者会見を開いています。

朝日新聞・官邸記者クラブによると、安倍首相は、アルゼンチンで開催される経済フォーラムへの出席中に、今回の福島県沖地震の一報を受けており、現地宿舎で記者会見を開いています。

緊急事態での誤報や伝聞など、誤った情報が錯綜

民進党・衆議院議員のあべともこ氏は、Twitter上で「冷却ポンプが詰まった」と発言。

実際には、冷却ポンプは水位警報によって「停止」したのですが、「このままでは一週間程で65度になる」として、誤報に基づいた論説を展開したことで、情報が錯綜している点を指摘されています。

津波警報解除、津波注意報への切り替えと、福島原発の冷却再開

津波注意報
平成28年11月22日09時46分 気象庁発表

************** 見出し ***************
津波注意報に切り替えました。

************** 本文 ****************
津波警報から津波注意報へ切り替えた沿岸は次のとおりです。
<津波警報から津波注意報への切り替え>
 宮城県、福島県

津波注意報を解除した沿岸は次のとおりです。
 青森県太平洋沿岸、千葉県九十九里・外房、千葉県内房、伊豆諸島

(引用:気象庁 9時46分発表より https://goo.gl/sMcf8W)

内閣より緊急会見があった直後の午前9時46分、気象庁は宮城県・福島県全域に発令していた津波警報を津波注意報へと切り替えました。

福島原発においても、地震を受けて停止していた冷却システムが午前8時時点には復旧、あらためて核燃料の冷却を再開しています。

原子力規制庁の発表では、福島第2原子力発電所内の各タンク状態を公表しており、「各施設ともに異常なし」としています。

原子力規制庁によりますと、福島第二原子力発電所の3号機では、使用済み燃料などを保管する燃料プールの冷却用のポンプが停止し、核燃料の冷却が停止しましたが、一時間半余りでポンプは再起動され、冷却を再開したということです。
(引用:NHKニュース Web記事より https://goo.gl/uUZUfL)

本日(22日)5時59分頃に福島県沖で発生した地震による原子力施設への影響について、追加情報をお知らせします。(7時55分現在)

福島第二原子力発電所に追加情報があります。

現在、各施設ともに異常情報は入っていません。

(引用:原子力規制規制庁 2016年11月22日8時00分発表 https://goo.gl/F1EKhA)

福島県沖地震・震度5弱、M7.4で起きる津波の高さと脅威

震度5弱、M7.4で起きる津波の高さと脅威とは、いったいどんなものなのでしょうか?

まず、気象庁の公式発表データをもとに、今回発生した地震の規模を検証します。

  • 検知日時:11月22日05時59分
  • 発生日時:11月22日05時59分
  • 地震震度:震度5弱
  • マグニチュード:7.4
  • 場所および深さ:福島県沖、深さ25㎞
  • 発震機構:北西-南東方向に張力軸を持つ正断層型(速報)

今回の福島県沖地震では、震度5弱、M7.4のほか、福島県沖の深さ25Km地点で地震が発生していることと、正断層型の地震であることがわかっています。

この地震発生地点の深さは、実は津波の初動速度に影響するのです。

気象庁データから見る津波が伝わる速度

津波が伝わる速度
(資料:気象庁 津波発生と伝播のしくみより https://goo.gl/ImSRcx)

津波は、海が深いほど速く伝わる性質があり、沖合いではジェット機に匹敵する速さで伝わります。 逆に、水深が浅くなるほど速度が遅くなるため、津波が陸地に近づくにつれ後から来る波が前の津波に追いつき、波高が高くなります。
(引用:気象庁 津波発生と伝播のしくみより https://goo.gl/ImSRcx)

気象庁「津波発生と伝播のしくみ」によると、海深50kmで地震が発生した場合、発生した津波は時速800km・ジャンボジェット航空機と同等の速度で伝播していきます。

今回の福島県沖地震では、東日本大震災の時とほぼ同様の「深さ25km」地点で地震が発生しているため、気象庁の例示データをもとに単純計算すれば、その津波の初動速度は、およそ最大で時速400kmにもなる可能性があったと考えられます。

幸いなことに、現在までに確認されている津波被害の報道では、仙台市1.4mの津波が最大となっています。

前回、記憶に新しい東日本大震災では、過去100年間の歴史上でも最大級の40m級の津波が同地域を襲いました。では、前回の東日本大震災での津波と、今回の福島県沖地震での津波、一体なにが津波の規模の違いとなったのでしょうか?

東北震災との比較

東日本大震災の当時、気象庁が発表したデータをまとめると以下のようになります。

  • 発生日時:3月11日14時46分
  • 地震震度:震度7
  • マグニチュード:8.8
  • 場所および深さ:三陸沖、深さ24㎞
  • 発震機構:西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型

今回の福島県沖地震と比較すると、震度・マグニチュードなどの地震規模が異なる点のほかに、「逆断層型」と「正断層型」のように、地震のタイプが異なることがわかります。

福島県沖地震・正断層型の地震

地震ごとの断層タイプ
(資料 文部科学省研究開発局地震・防災研究課データより https://goo.gl/0VJdMV)

気象庁によると、22日の福島県沖を震源とする地震は、陸側の北米プレート内部で発生した。(中略)地盤が北西-南東方向に引っ張られることで上下にずれ動いた正断層型で、海底がずれ動いたため海水が押し上げられ、津波が起きた。
(引用:毎日新聞Web版 11月22日記事より https://goo.gl/ayvFgq)

実は、この「発震機構」とも呼ばれる地震の断層型は、津波の拡がり方や高さを左右する大きな要素の1つでもあります。

地震には大きく分けて「正断層型」「逆断層型」「右横ずれ断層」「左横ずれ断層」の4パターンが存在し、それぞれに圧縮と引っ張りの力が加わる方向が異なります。

こうした断層型ごとに異なる地震エネルギーの向かう方向が、津波の高さと規模、そして大津波が向かっていく進行方向にも影響するのです。

断層型とプレートにおける地震の発生位置
(資料:石垣島地方気象台 https://goo.gl/YQMqRh)

過去に発生した地震ごとに、発生地点と断層型を比較すると、噛み合ったプレートの境界線上に位置する「昭和三陸沖地震」「北海道東方沖地震」では、史上でも稀に見る10m級から最大28.7メートルの大津波が発生しています。

過去の例から見ても、よりプレート境界に近い位置で発生する、プレート方向に対して縦方向の力が加わる断層型地震は、非常に高い脅威をもった津波が発生しやすいことがわかります。

断層型は何型なのか?

プレートのどの位置で発生しているか?

地震発生地点での振動エネルギーが向かう方位はどの方角か?

…といった様々な要素やポイントによって津波の規模と被害が異なることがわかります。

福島県沖地震は、断層型と規模の違いにより大きな津波被害にはならなかった?

今回の福島県沖地震では、地盤プレートが北西―南東の陸地側に引っ張られたことで、津波が発生していることが気象庁から発表されています。

幸いにも、正断層型のプレートのズレであったことで、押し上げられる津波は、太平洋側の方向へと力が逃げていく津波であったことになります。

同じく正断層型で、同様の規模の地震としては、1933年3月3日に発生した「昭和三陸沖地震」が挙げられますが、この昭和三陸沖地震では、最大で28.7メートルにもなる大津波が太平洋沿岸を襲ったことで、死者・行方不明者3064人にもなる大災害となっています。

今回の福島県沖地震では、以前の東日本震災後のプレートの伸びの影響により、今後も同様の地震が続くことが予見されています。

今回と同じような、正確な情報と迅速な対応で、以降の震災被害の減少と被災の方々の復興を願います。

国内の反応

海外の反応

「日本で地震だ」

「日本で地震らしい」

「地震だ、日本で」

「2011年の地震の時に日本のドキュメンタリーを見たよ」

「嗚呼、私たちはカリフォルニアにいる。なんてもどかしいのか」

「地震による津波が日本を襲うと聞いた、みんなの無事を祈ります。」

「ヘイ!日本人のみんなは気を強く持てよ!俺がついてる!」

「福島原発は何も問題ないようだ」

「スーパームーンが今回の地震を引き起こしたのか?」

「地球は明日が来るその前に、地球を滅ぼそうとしている」

(引用:Twitter https://goo.gl/klBVHh)

関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA