身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

穂積絵莉・加藤未唯!全豪オープン女子ダブルス決勝速報:Twitterの反応

メルボルンで行われわる女子テニス全豪オープン 準決勝

全豪オープン第9日で24日、女子ダブルス準々決勝で勝利し、ベスト4入りを果たした穂積・加藤組が決勝戦を戦います。

女子テニス・全豪オープン 決勝戦、穂積・加藤組試合結果は?試合速報と途中経過を解説していきます。



スポンサーリンク




試合速報

女子テニス・全豪オープン 決勝戦 試合結果 速報

  • 穂積絵莉・加藤未唯 1 - 2 マテックサンズ、サファロバ
  • 第1セット 2-6
  • 第2セット 6-4
  • 第3セット 4-6

世界ランクは穂積絵莉がシングルス214位でダブルス51位、加藤未唯がシングルス186位でダブルス54位。

マテックサンズがシングルス165位でダブルス1位、サファロバがシングルス61位でダブルス8位。

女子ダブルス準々決勝では、24日に行われた第9日、ミリヤナ・ルチッチバロニ(クロアチア)、アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)組に6―3、6―3で勝ち、ベスト4入りを果たした穂積絵莉加藤未唯でしたが、今回の決勝戦においてダブルス世界ランク強豪のトップランカーとなるペアに対して苦戦を強いられました。

1-1で迎えた第3セットでは、試合途中まで同点のセット進行と善戦するも、最終的には4-6、3セット合計で2-6、6-4、4-6と惜しくも敗れました。

テニス日本女子ペアによる初の4大大会での決勝進出にはなりませんでした。

試合速報と途中経過

第1セット・第1ゲーム序盤、サウスポーのサファロバによるサーブから試合開始。

穂積絵莉加藤未唯ペアのレシーブでは連続ミスで0-40となるも、穂積絵莉のバックのウイナーにより15-40。

終盤には30-40まで巻き返すと、加藤のボレーでジュースまでに持ち込みますが、最後には加藤のロブをマテックサンズが叩きつけて、マテックサンズ組が第1セットを先取

第2セットでは、穂積が連続してボレーを決めキープするも、甘く入った穂積のリターンをサファロバが叩きつけて再びマテックサンズ組がキープを奪います。

しかし、第10ゲーム終盤には、サファロバ組の連続ミスにより、穂積絵莉加藤未唯ペアが第2セットを奪います。

第3セット・第5ゲームでは、マテックサンズが精力的な動きを見せ、ラブゲームでキープを奪うと、双方でボールアウトなどの疲労により一進一退の攻防となります。

第8ゲーム中に、加藤未唯が左足を負傷してメディカルタイムアウト。

最後はラリーからの加藤のバックがボールアウトしたことにより、マテックサンズ組が勝利しました。



スポンサーリンク




Twitterの反応

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA