中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

都知事選2016候補者は結局誰がふさわしい?批判をまとめてみた。

都知事選2016の主要三候補者鳥越俊太郎、増田寛也、小池百合子への
今まで出ている各種批判を総まとめした。
都知事として、結局誰がふさわしい候補者でしょうか?



スポンサーリンク




都知事選2016候補者は結局誰がふさわしい?

三候補の誰が都知事としてふさわしいかなど、各種報道がなされているが、
都知事としてずば抜けて適性のある候補者はどうも見当たらないようである。

そこで、ふさわしいまでいかなくても、ベターな候補を選ぶ一助にと、
今まで出ている三候補への候補者同士や、各種メディア、公人からの批判を総まとめしてみた。

三候補への候補者同士のそれぞれへの批判
先日の、バラエティ・バイキング(7/19放送)の内容をまとめてみた。

s_20160720%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%83%bd%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e6%89%b9%e5%88%a42

鳥越氏からの小池氏の「病み上がり」発言への怒りが話題になったが、
テレビ慣れしている鳥越氏の作戦があったのかもしれない。
それにポイントをついた批判をした小池氏に比べると、
私は二人の緩衝材のようだと、笑いを誘っていた増田氏の影が薄かった印象がある。

今後、テレビ出演も増えて行くので、そこで、お互いの弱みがよりはっきりしてくるであろう。

次に、ネット上で検索できるメディアや、公人からの批判をまとめてみた。

s_20160720%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%83%bd%e7%9f%a5%e4%ba%8b%e6%89%b9%e5%88%a41

増田氏を支持する自民党、公明党などが、なるべく表に出ない作戦をとっているためかもしれないが、
他の2候補へのきちんとした批判が、意外に見当たらなかった。
二候補に先行されて、まさかの敗戦を恐れた自民党に焦りがなどの報道もあったが、
系統的な批判が行われた形跡がない。

自民党都連は「非推薦の候補を応援した場合は、親族を含めて処分する」との文書を配布し批判を浴びたが、
自民党執行部が小池氏の党籍を剥奪の処置もないことから、
鳥越氏さえ、当選しなければ、党執行部は、実は小池氏が当選しても良いと思っているとのうがった見方もある。

国政選挙でも、党に反対して立候補し、当選したものを、
後に何食わぬ顔で、自党に入れてしまうというのはよくあることで、高等作戦なのかもしれない。

鳥越氏への、体力の懸念、政策の弱さ、増田氏への岩手知事、総務相での仕事との
整合性ややり方、小池氏の一連のパーフォーマンスへの批判などが出ている。



スポンサーリンク




■各候補者への個人の批判

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

ネット上の個人の批判も概ね、先の批判とかぶっていますが、
自民党支持と思われる者からの、増田氏批判が案外多いのが、気になりました。

さて、都民は、重点をどこにおいて、
最も欠点の少ないベターで都知事としてふさわしいの人を誰として選ぶのでしょうか?
その一助になれば幸いです。

投開票日までの残された選挙戦に注目です。

 

■関連記事
石原慎太郎の小池百合子への厚化粧発言はなぜ?過去の発言を検証して分かったこと!

鳥越俊太郎の公約の文字がヒドイ!?最新の評判をまとめてみた

鳥越俊太郎氏の都知事選出馬の評判は?その勝算と懸念点は?反応まとめ

小池百合子の都知事選に関する4つのなぜ

増田寛也の都知事選出馬の評判と勝算は?反応まとめ

SEALDs解散!なぜ8月15日に?反応まとめ

都知事選2016野党統一候補者として誰が自民党に対抗できると予想出来る人は!?

石原伸晃自民党都連会長は小池百合子に私怨あり?なぜそんな経緯に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. インドネシアなどで中国の高速鉄道と競合している日本企業が特許侵害訴訟を起こさないのはなぜ?

  2. ベルギー爆破テロはなぜ!?絶対知っておきたいこの街の裏事情!海外の反応「ベルギーがEUでないならテロはない」「もう一度教えて、なぜ難民を受け入れる?」

  3. アップルペイの評判は?国内・海外の反応まとめ

  4. 中国の高速鉄道計画は世界へ!次の目論みは海底トンネルで台湾へ!海外の反応「まずは統一だ」「小英は憤死するだろう」

  5. 鴻海(ホンハイ)にとってシャープ買収はペイするのか?海外の反応「二重の利益が見込まれる」「チャンスだ」

  6. 前田健太が日米100勝達成し防御率0.36へ! 海外の反応「ドジャースのあらゆる予想を超え続けている」「MLBでの歴史的なスタートを続けている」

  7. ムヒカ大統領の名言に溢れたスピーチに対する海外の反応「世界の大統領に」「彼を見習うならネットをオフに」

  8. 日本人と中国人の性格や考え方の違いが良く分かる!中国面白特許発明を一挙ご紹介!

  9. 民進党って名はどうなの!?台湾の同名の反応は?「(親中の)国民党と命名すればよかったのに!」「全世界に蔓延してゆく」

  10. タカハシブルーナ選手が写真から人気急上昇!海外の反応「ブラジルNo.1!」「誇りに思ってる」