中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

阪神ジュベナイルフィリーズ2016過去のレース傾向は?いざ開幕へ「今年は粒揃いなメンバーが揃う」

12月11日(日)に第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI、芝・1600m)が行われます。

今年デビューの牝馬はかなり強い!」と言われるほど粒揃いなメンバーが揃う阪神ジュベナイルフィリーズ出走します。

出走予定となるどの馬に人気が集まっているのか?

過去のレース傾向予想オッズから、阪神ジュベナイルフィリーズ勝利の行方を見守ります。



スポンサーリンク




阪神ジュベナイルフィリーズの過去レース傾向

単勝オッズで上位となる人気馬が強いレース

勝率

  • 1番人気 ( 勝率 30.0% )
  • 2番人気 ( 勝率 10.0% )
  • 3番人気 ( 勝率 10.0% )
  • 4、5番人気 ( 勝率 25.0% )
  • 6番人気以降 ( 勝率 0% )

連対率

  • 1番人気 ( 連対率 50.0% )
  • 2番人気 ( 連対率 20.0% )
  • 3番人気 ( 連対率 20.0% )
  • 4、5番人気 ( 連対率 35.0% )
  • 6番人気以降 ( 連対率 0% ~ 10% )

阪神ジュベナイルフィリーズの過去のレース傾向を紐解いていくと、単勝人気別に、過去これまで全ての優勝馬が5番人気以内の馬となっています。勝率で見ても、1番人気の勝率30%と、単勝オッズで上位となる人気馬が強いレースであるとも言えます。

こうした過去レースの結果と傾向の要因の1つとして、阪神競馬場にいわゆる「外回りコース」の存在が明かされています。

阪神競馬場「外回りコース」ができる2005年以前の過去データに絞ってみていくと、6番人気以降の馬も優勝するケースを見ることができるのですが、2016年現在のコースが定められて以降は、下位の人気馬が勝利するケースが少なくなってきています。

出走回数が2度目の挑戦となる馬がとびぬけて勝率高い

  • 1戦 : 勝率 6.3% 連対率 12.5%
  • 2戦 : 勝率 18.5% 連対率 22.2%
  • 3戦 : 勝率 5.9% 連対率 8.8%
  • 4戦 : 勝率 0% 連対率 12.8%
  • 5戦 : 勝率 0% 連対率 6.7%
  • 6戦以上 : 勝率 0% 連対率 0%

過去10年間で優勝している10頭の馬のうち、なんと9頭が、通算出走数が2戦または3戦

特に2戦目での出走馬の勝率が高く、2度目の挑戦となる馬は驚くような走りを見せてくれるかもしれません。

デビュー2戦目に単勝人気・着順トップを獲る「早熟な馬」が注目ポイント

  • 06年:2着 アストンマーチャン (未勝利)
  • 07年:1着 トールポピー (未勝利)
  • 08年:1着 ブエナビスタ (未勝利)
  • 10年:1着 レーヴディソール (デイリー杯2歳S)
  • 11年:2着 アイムユアーズ (未勝利)
  • 12年:2着 クロフネサプライズ (未勝利)
  • 13年:2着 ハープスター (新潟2歳S)
  • 14年:1着 ショウナンアデラ (未勝利)
  • 15年:1着 メジャーエンブレム (アスター賞)

阪神ジュベナイルフィリーズでは、「デビュー2戦目に単勝1番人気を獲得し1着で勝利している」馬が連対しています。(※2009年を除く)

全体的に見ても、2戦目・未勝利馬の成績が良く、前項で触れたように、「2戦目の出走」であり、なおかつ「単勝人気を獲得する馬」は注目の価値はあるかもしれません。

(データ出典:JRA公式サイト – https://goo.gl/FM4T7g)

阪神ジュベナイルフィリーズ 枠順一覧

  • 1枠1番 : ディーパワンサ  (A・シュタルケ)
  • 1枠2番 : ソウルスターリング  (C・ルメール)
  • 2枠3番 : エムオービーナス  (木幡初也)
  • 2枠4番 : レーヌミノル  (蛯名正義)
  • 3枠5番 : ポンポン  (嘉藤貴行)
  • 3枠6番 : ショーウェイ  (松若風馬)
  • 4枠7番 : ブラックオニキス  (城戸義政)
  • 4枠8番 : サトノアリシア  (池添謙一)
  • 5枠9番 : ジャストザマリン  (四位洋文)
  • 5枠10番 : クインズサリナ  (V・シュミノー)
  • 6枠11番 : ジューヌエコール  (M・バルザローナ)
  • 6枠12番 : アリンナ  (田辺裕信)
  • 7枠13番 : ゴールドケープ  (丸山元気)
  • 7枠14番 : スズカゼ  (松田大作)
  • 7枠15番 : フェイトベルク  (川島信二)
  • 8枠16番 : シグルーン  (藤岡康太)
  • 8枠17番 : ヴゼットジョリー  (和田竜二)
  • 8枠18番 : リスグラシュー  (戸崎圭太)



スポンサーリンク




阪神ジュベナイルフィリーズで注目の人気馬

ソウルスターリング

坂路馬なりで軽めの調整、先を見据えた感じか?

リスグラシュー

坂路単走で終い軽めだが軽快な走り

ジューヌエコール

やや前傾姿勢で余裕をもって併走馬を待ちながら加速、良い雰囲気

レーヌミノル

終い軽めの併走だがラスト1F11.7と良い動き

ヴゼットジョリー

馬なり併走でラスト1F11.8、走りもゆったりとしていい感じ

ディーパワンサ

3Fは39.7と遅くラスト1Fだけ見ると12.0、遅い流れからの加速で良い感じ

阪神ジュベナイルフィリーズ・注目の人気馬

筆者予想としては、下記の3頭を注目馬としています。
果たして、阪神ジュベナイルフィリーズ当日に良い状態でレースへと臨むことができるのでしょうか?

◎ジューヌエコール

3連勝に牡馬相手の快勝、3戦すべて上り最速の決め手は抜群で距離不安も前走で払拭しています。
不安材料は乗り替わりと多頭数での競馬が初という点か?

〇ソウルスターリング

こちらも2連勝で牡馬相手に快勝と底が見えていない、距離短縮も歓迎。
不安材料はフランケルの初年度産駒の為、産駒としてGⅠ初挑戦。果たして通用するのか?

▲レーヌミノル

前走牡馬強豪相手に僅差の2着、3着とは3馬身差を考えると勝ちに等しい内容、内枠も当たり前で残れるはず、不安材料は距離延長、マイルは初出走。

日本の反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA