中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

香港書店失踪事件に抗議デモ!行方不明者は何処へ?海外の反応と日本

hong-kong-1031568_1920

香港で中国共産党に批判的な書籍を扱う「銅鑼湾書店」の出資者をはじめとする関係者5人が昨年10月下旬以降行方不明。
相次ぎ失踪しており、5人が中国当局に拘束されている可能性が高いとして、
抗議デモも起きています。
この出版社が中国の習近平国家主席の過去の「女性関係」に関する書籍の
出版を計画していたとの話もあります。

今回の失踪事件を受け、香港では、一国二制度の根幹を揺るがしているとして、
法の支配に対する懸念が高まりつつあります

この事件に対する日本及び海外の反応は?

スポンサードリンク

香港書店出資者失踪事件に民主派が抗議デモを行う! 日本と海外の反応は?

香港書店出資者失踪事件の日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

■香港書店出資者失踪事件に関する海外の反応(中国)

二胖大爷xj:どんな禁書?1月4日 10:44 http://www.weibo.com/1203223437

正常中国:香港はあのころの上海の租界地に似てきた。良いも悪いもごちゃ混ぜだ。
1月4日10:55 http://www.weibo.com/1346875713

杨老马甲:香港のような”文化の砂漠“で、書店が生き残っているのは奇跡だ、
元台湾国民党独裁時の香港の右派書店を除いて、
他の書店はほとんど”左派の組織”によりコントロールされてきた。
最近の十年、このような共産党書店は共産党デマの拠点を作り上げ、
人がどのように考えていいか分からなくした。1月4日 11:20
http://www.weibo.com/1876959863

花-随行:私も同様に思う。明らかに奇妙だ。1月4日 11:32
http://www.weibo.com/2394642074

蟹哈特213:多くの友人は香港の書店出資者及び店員の失踪事件について私にコメントせよとしているが、
コメントは当然難しい。これまでの知識から、香港は本発行出版を禁じており、
北京政府と緊密に連携しており、読者は主として大陸に集中している。書店の人の身元は複雑で、
失踪は自発的な蒸発か、又は大陸に呼び戻す/力ずくで連行されたか、を言うのは難しい。

当局者が取ることのできる手段は非常に多く、
このように香港の人々を驚かせるやり方まで取る必要はないのではと思う。
1月4日11:32 来自 iPhone 6
http://weibo.com/u/5810902818

shifu:このような判断は興味深い。香港で書店を開くのは後ろ盾があるに違いない。
さもなくはどのようにやってゆけるのか?後ろ盾は誰で、誰に利用されているか?
それは分からない。
以前は国民党反動波と思われていたが、必ずしもそうではない。1月4日 22:32
http://www.weibo.com/haipingchen

 

(訳者注:香港には中国大陸から逃れてきた国民党の一派が一定の力を持っていた時期がありました)

当局や中国政府に対する抗議、批判が圧倒的と思われましたが、
意外にマイルドで「奇妙な事件だ」に終わっているコメントが多いようです。
コメント自体の数も4日から7日まで32件あったものが、1月7日 08:26以降は掲載が全くありません。

この事件を伝えるNHKニュース番組が、中国で10日夜約4分間中断され、
当局の検閲が疑われることを考え合わせますと、
なんらかの当局のコントロールが入った結果かもしれません。

スポンサードリンク

■香港書店出資者失踪事件に関する日本の反応

それでは、日本の反応を見てみましょう。

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

日本の反応は、事件を知れば、当然予想される

中国政府や香港当局に対する言論への抑圧を懸念するコメントです

香港でのこの制度の根幹に関わる重大な問題がこれからどのように展開して行くのか、
常に注視してゆく必要があります。

ここで、改めて言論の自由の重要性を感じました。

日本などでも不敬罪は昔はありました。現在はサウジやタイ、イスラム諸国に存在します。
言論の自由は保証されています。

今回の件は世界中に報道されていますので
中国の対応が注目されます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA