中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

北ミサイル発射日は稲田朋美の防衛相就任に合わせたのか?初めて日本のEEZ内に着弾、予告一切なし、破壊措置命令出せず!!

shorinji-1193157_640

北朝鮮のミサイル発射日は奇しくも稲田朋美の防衛相就任に合わせたのであろうか?
今回の発射は、1000キロ飛行し、初めて日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾し、
予告一切なく、防衛庁は破壊措置命令を出すことができなかったといった
これまでより、状況をエスカレートさせている。

スポンサードリンク

北ミサイル発射日は稲田朋美の防衛相就任に合わせたのか?初めて日本のEEZ内に着弾、予告一切なし、破壊措置命令出せず!!

北朝鮮が3日午前7時53分ごろ、黄海に面した同国西岸の殷栗ウンリュル付近から
日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射した。
中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程約1300キロ)とみられ、
約1000キロ飛行し、午前8時5分ごろ、秋田県の男鹿半島沖約250キロの日本のEEZ水域内に落下した。
2発発射し、1発は直後に、爆発したとも伝えられている。

その後、自衛隊の艦船などが現場海域を捜索し,弾頭の一部とみられる破片を発見した。
北朝鮮のミサイルの弾頭が日本のEEZ内に落下するのは初めてである。
日本の航空機や船舶への被害は確認されていない。発射予告はなかった。

北ミサイル発射の日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

北ミサイル発射、初めて日本のEEZ内に着弾に関する海外の反応

これに対し、中国メディアが、稲田朋美の防衛相就任と関連付けて、報じている。

2016-08-03中国メディア(全媒体大開講)より

本日早朝、北朝鮮のミサイルが日本に落下した。日本がミサイル防衛のレベルを上げる理由となるであろうか?
安倍の新チーム(内閣)は誰を怒らせたか?
日本の新任の女性防衛相がどのように動くかを見るために?
新女性防衛相は東北アジア情勢にどのような影響を与えるであろうか?

韓国メディアは、今回のミサイルは韓国のTHAADに対し、
力を見せつけるためだとしている。
なお、落下点付近には、航空自衛隊加茂分屯基地
(秋田県男鹿市男鹿中滝川国有地内)がある

偶然にも、この日安倍晋三首相は自分に近い自民党政調会長の稲田朋美を防衛相に任命した。
新任官は、初めのうちだけやる気をどこに見せるであろうか?
今朝の北朝鮮ミサイルにどう対応するであろうか?より、注目すべきは、この女性防衛相が靖国参拝を欠かしたことがなく、
中日のこれからの関係の発展に大きなインパクトを与える可能性のあることだ。
東北アジアの情勢にどのようなインパクトを生み出すか?

 

なお、航空自衛隊加茂分屯基地には、2009年度にレーダーシステムがJ/FPS-3改に改修されている。
ミサイル防衛に対応するために弾道ミサイルを追尾するための能力向上が行われたものである。
北朝鮮が、ここを頭に入れて場所を選定したとも考えられる。

弾道ミサイル防衛に関する自衛隊の資料
comment#_rnd1455955571172

北朝鮮は、ミサイルの性能向上を図るとともに、場所を特定されないための
移動式発射台、飛行距離。落下地点の選択、発射予告なしなど、
そのやり方を次第にエスカレートしてきているようです。

スポンサードリンク

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

国連決議、経済制裁などもほとんど効果を上げていません。
今回の着弾が本土であったら、予告なくても迎撃できていたのであろうか?
国民を安心させるような発表は政府からでていない。

北朝鮮ミサイル発射に関して今後心配な点

日本のメディアが報道していないことが多数あるのではと思われます。

1. 予告がある場合に、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊を展開。日本周辺海域では、
迎撃ミサイルSM3を搭載したイージス艦を備えるが、これで撃ち落とせる確率はどれくらいあるのか?
軍事上の秘密だと言って発表しないが、100%ということはありえない。
日本人が被害をうけてから、実はこうだったということにならないのか?

2. 攻撃するのに、予告するということはありえない。
今回の件で、予告なしでは、地対空誘導弾パトリオットが無力であるのなら、
大きな費用を使ってPAC3等を装備することに何の意味があるのか?

3. 日本国民の命が、北朝鮮の金正恩の良識?報復されることに対する恐れ?だけに
依存しているのが現状だとしたら、恐ろしいことだ。
自分に反対する者を平気で粛清する人間の良心に任せるのか?

4. 日本国民の命が、北朝鮮のミサイルコントロール技術に頼っているともいえる。
今回も2発のうちの1発は、爆発して失敗したようだ。
着弾地が、意図せずコントロールできませんでしたと言われれば、それまでではないのか?

5. 憲法さえ改正すれば、日本国民の安全を本当に保障する防衛体制ができるのであろうか?

日本国内に大きな被害が出てから実はこの程度の防衛能力しか
なかったと後になって政府から告げられることを非常に心配している。

■関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA