中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

2月19日ドル崩壊説に対する海外の反応まとめ「その日狙って金儲けするつもり」「金本位制に戻る必要がある」

経済に詳しい人なら聞いたことがあるでしょう。2月19日のドル崩壊説
一部で話題となっている。元々、元連邦議員のローン・ポール氏が言い出したことだが
ドナルド・トランプ氏を始め、議員関係の人までも口にするようになったのだ。

筆者は、ドルがいつかは崩壊するのは賛同しているが、誰にも時期はわからないんじゃないかな
と思っている。しかし随分と今週末を指定するのは何らかの根拠があるのでしょう。

ドル崩壊説を唱えている人から、海外の反応などをまとめてみました。



スポンサーリンク




2月19日ドル崩壊説に対する海外の反応まとめ

まず2月19日ドル崩壊説を口にしている人がどんな怪しい人か
それとも真っ当な人なのかを紹介しよう。

ロン・ポール:80歳、、アメリカ合衆国の元政治家で共和党所属でテキサス州選出の元連邦下院議員
1988年大統領選に出馬するが3位に終る。その後も2回出馬するが落選。2013年に政界を引退
彼は「金本位制」完全撤廃を見て、政界入りを決意。「その日から全ての貨幣は、もはや本来の価値によって決ま
のはなく、政治によってその価値が決まることになるだろうと思い、私は愕然としたんだ。」と話している。

ドナルド・トランプ:ご存知大統領選に現在出馬している、元不動産王。歯に衣着せぬコメントで有名人となっている。

ジョナサン・カーン:ユダヤ教の宗教的指導者。シュミータ(ユダヤの安息日)に関する啓示。7年ごとに起こるもので祝福か、裁きが繰り返されることを主張。経済においても7年ごとに崩壊を繰り返すという。
一回目は1973年で、二回目は1980年、三回目は1987年、四回目は2000年、五回目は2007年。6回目のシュミータは2014年9月25日に始まり、 2015年9月13日に終わると言っていた。

その他、これらを支持するコメンテーターが言っております。

怪しい人も確かにいますが、日本でも2月19日とは言わなくとも
「ドル崩壊はいつかは起こる」というのは経済に詳しい人であれば定説となっています。

基本的には米国のジャンク債が皮切りという人やアメリカ国債の信用低下によるもの
日本も全てを知っているが報道規制をしていることなど唱えている。

海外の反応を見てみよう。

■海外の反応

「この記事には2月19日の根拠が書いてない」

「ドルは崩壊しないし、世界も崩壊しない。」

「私は2月19日を狙ってお金を儲けるぞ」

「本来ドルはもっと早く崩壊している必要があった。もっと単純化して解決することが可能だったが
貪欲なために崩壊するまで突っ走ることになった。その時を誰かが知っているだろう。」

「ふぁ~あ」

「金本位制に戻る必要がある」

「私はこういった崩壊に関する記事を100以上知っています。これはその日に起こるとは限らないが、
人類がより価値のあるものへ準備に集中しているのは確かだろう。最善を願う。」

「19日に何が起こるかわからんが、金(ゴールド)を買わせようとしているんじゃないか?」

出典:http://goo.gl/mhiCM7 ニュースサイト

続いてメジャーな世界的な掲示板より



スポンサーリンク




2月19日ドル崩壊説に対する海外の反応まとめ2

掲示板より

「youtubeでも多くの人が言っているな」

「経済を予想することはできないだろ?明日の株価がわかるか?これは陰謀論で、人々を不安に陥れようとしている」

「潜在的な崩壊が2月19日に発生するとされる理由は、コアCPIとCPIデータのによるものです」

「きっとそのYoutubeに金や銀を購入させるリンクがあるんでしょ?」
   「そんなことないよ」

「多くの人が信じていることが起こるとは限らない。2012年の12月もそうだった。」

「これらは恐怖心を利用した詐欺でしょう」

「彼らは世界平和のために最終的に1つの通貨に移行したいが、すぐにあるわけではないでしょう」

「私もこれについて研究したが、その日19日に唯一の重要な事は、多くの企業が第4四半期の利益やビジネスの成果を発表していること。大ショックがある場合、それが予想より低くなりそこで株の連鎖売りを仕掛けることが出来る」

出典:https://goo.gl/YxTWAw

と賛否両論を生んでいる。

筆者の考えとしては、こういった話は今まで確かにたくさんあり、
ギリシャ崩壊、ドル崩壊、債務上限引き上げしない説など
様々あったが、今のところ通常に動いている。

だからといって、今後も世界が変わらないかと言えばそうではない。
日本も格差社会へ日々前進しているのを見ても分かるように、
資本主義の限界を感じている人は多いのでしょう。

また、半分くらいは、何らか陰謀的な意図があって流されている話と
思っておく必要もあるでしょう。
本当に金(ゴールド)の勧誘が来たりするかもしれませんからね。

■関連記事

3月10日大暴落説の根拠は?海外の反応「ジムのシナリオは信じない」「いつかリセットする必要はある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. インドネシア高速鉄道の頓挫は虚報?海外の反応「日本の謀略だ」「欧州メディアが日本に買収された」

  2. 日食と皆既日食と金環日食の違いは?世界で盛り上がる3月9日海外の反応「神々しい」「米は来年皆既日食だ」

  3. トルコのアンカラでまたテロ!なぜ多いのか3分で分かる構図と海外の反応「難民への国境解放の結果」「オバマが戦争を広げる」

  4. トランプ氏の日本に対するコメントの海外の反応「在日米軍撤退は経済学理解してない」「怖い。同盟国は必要だ」

  5. コロンビアのサントス大統領にノーベル平和賞の理由 海外の反応「西部の利益」「操り人形」

  6. リオ閉会式引き継ぎ式の日本のパフォーマンスの評判は?海外の反応「創意が素晴らしい」「雨のリオの閉会式が1000%向上した」

  7. 藤田菜七子がCMそしてホリプロへ!海外の反応は?

  8. ピーターバラカン批判で炎上!BABYMETALの海外の反応「私の人生最高の音楽」「ヘビメタ興味なかったのにハマった」

  9. リオオリンピック日本のメダル数と治安・大会運営についての3つの予想の結果は?反応まとめ「メダルラッシュ凄かった」「運営も含めて大成功」

  10. イギリス国民投票はなぜ離脱派が勝ったのか?統計で見る実態とは