身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

2016年アベノミクスの終焉か?海外の反応「人民元への通価を切り下げの圧力が和らぐ」「円高は始まったばかり」

2016年アベノミクスは終焉するのか?この20年の株、円の動きから何が見えてくるだろうか
また、これについての海外の反応はどうだろう?

昨日、日経平均が、年初から20%暴落し、15000円を割り込んだ。
また、USドルに対する円も高騰し、115円以下となっている。2012年末から続いてきたアベノミックスの終焉がささやかれている



スポンサーリンク




2016アベノミクスの終焉か?海外の反応は?

20年前の、当時日経平均20000円、対USドル121円だった時点から、
これまでを振り返り、特にこの3年間が何だったかを考えたい。

筆者は、決して経済の専門家ではないが(一応ファインシャル技能士の資格は取得)、
20年間、個人的に日本経済に向き合い、数々の失敗と、少々の成功を経験してきた者から、
この3年間を考えてみたい。

20年間まえ、バブル崩壊後であったが、株価は20000円にとどき、
いつかは、最高値38000円に近づくであろうとの期待があった。

しかし、現実は、近づくどころか、あるときには株価8000円、
対USドル80円を切ることもあった。
もちろん、ITバブルや、小泉内閣の際に、一時的に株価は、
12000円や20000円近くになることもあったが、結局はベースラインの1万円以下に落ち着いてしまうことの繰り返しであった
その意味で、これまでの20年を見てきた眼からすると、アベノミックスのこの3年間こそが異常であったように思えてならなかった。

大胆な金融緩和による円安、円安による輸出企業の業績回復、株高による高級品の消費、爆買い等に見られる、海外からの観光客による、国内消費の増加。これらは、未来を明るいものにし、さらに株価を押し上げる好循環作用を果たした。失われた20年を取り戻せると大いに期待した。

ただここに来て、好調だった米国経済の変調によるドルの下落、
中国経済の減速、欧州の再度の経済危機の懸念など、円高要因が増えてきている。
また、円レートは最終的には、これに近づくと言われている各国の物価を勘案した
実質実効為替レートで見て、80円が高すぎたように、
120円が安すぎるのははっきりしている。

この景気の良い間に、実質的な経済成長を確保するはずが、
設備投資が思うようには増えず、実質賃金が上がらない。
しかも、世界的な原油安により、円安での輸入原価が大幅に上がることを防げた幸運に恵まれていたのにである。

参議院選挙のための経済対策に、期待できない。1国で、経済をどうこうできない時代である。まだ、現時点で、即断はできないが、今回の何度目かの黒田サプライズは直後に無意味なものとなり、副作用ばかりが目立っている。

また、政府が鳴り物入りで、売り出した郵政3社が既に売り出し価格を下回ったというのは、
現在の世界情勢では、政府の力で、株価を動かすことが難しいことを示している。
1987.2のNTT売出しと、その数年後の、売り出し価格割り込みを思い出させる。

筆者には、当面、もう一度アベノミックスが復活して、
しっかりと歩み出すという確信がとても持てない

アベノミクス2016の終焉についての日本の反応と海外の反応を比べて見ましょう。

■2016アベノミクスの終焉か?に関する海外の反応(中国)

中国の新浪美股は以下のように伝えた。
ドルに対する円は最近15ヶ月での最高値に近づき、日本の輸出競争力を簡単に損ない、日本企業の海外での利益を減少させる。利益が減ると賃金交渉に影響する。
輸入品価格は下がり、日本銀行のインフレのための戦いにも不利益である。

麻生財務相は、実体経済は堅調で、市場が悲観的過ぎる。
このような大きな変動への世界的な対応を今月上海のG20で話し合うと述べた。
2016年02月12日 09:56

また、华尔街见闻が掲載した「円高は始まったばかり?」 2月10日に対するコメントも寄せられている。

鬼阴燃止 :株より、円高騰に最も関心がある。円高が人々の高い購入プロセスに悪い影響を及ぼす。
日本は破産を宣告してでも、円安を繋ぎとめなければ。
2月12日16:55

Saku兔医生 :すばやい行動を取って欲しい。既に日本に行く計画をした。
円の高騰は死ぬほど泣きたい。
2月12日17:14

杀生地藏:円高騰で安倍は慌てている、しかし中国人がなぜ、騒がねばならない?
中国経済が衰退すると叫ぶ?そのロジックは理解できない。
2月12日23:05

山高水长1688:最近の国際金融市場の形成の変化は中国にとっては、良い機会だ。
ユーロと円が上がりmUSドルが下がれば、人民元への通価を切り下げの圧力が和らぐ。
全世界のマーケットの人民元への期待は変わらないだろう。
ドルは弱くなり、自然に人民元が安定して一息入れる機会となる。
2月12日18:07

 



スポンサーリンク





■ 2016アベノミクスの終焉か?に対する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

中国人の網友は、すでに円高での、消費を懸念し始めている。
このまま円高が進めば、日本への観光旅行や爆買いが大きくしぼむ懸念もある。

丁度今は、春闘と、就職活動が開始される、最悪のタイミングである。
政府には、最大限の知恵を絞って、この国際情勢下で、
わが国として、最善の経済政策手段を考えてもらいたい
。その際、参議院選挙対策のような小手先の策を講じるようなことはないようにしていただきたい。

この3年間のアベノミックスが、良い夢を見ていたに過ぎないということになるのか、
この危機をうまく乗り切ってアベノミックスをやり遂げたと数年してから、回顧できるか?今この時期が国民にとっても大きな岐路に立っているように思える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. オバマ大統領広島訪問検討への海外の反応「個人的レガシー作りのため」「行かなかったらノーベル平和賞でなく偽善賞」

  2. スマスマで解散騒動謝罪に対する海外の反応!強すぎる違和感の正体が分かった「謝罪するのはメリーだ!」「メンバーが謝罪するのはどう考えてもおかしい」

  3. PM2.5悪化の中国で赤色警報!海外の反応「インドの方が危険」「最高の呼吸器疾患薬を開発してくれるだろう」

  4. ムヒカ大統領の名言に溢れたスピーチに対する海外の反応「世界の大統領に」「彼を見習うならネットをオフに」

  5. キリオスの無気力プレーの原因は審判と観客だけじゃない!海外の反応「現代のジョン・マッケンローになろうとしてる」「大会の度に素行が話題になるのはまっぴら!」

  6. 中国の反テロ法の日本と海外の反応!チベットに関するコメントをしたのは…

  7. トルコのアンカラでまたテロ!なぜ多いのか3分で分かる構図と海外の反応「難民への国境解放の結果」「オバマが戦争を広げる」

  8. 慰安婦少女像撤去に猛反発の韓国に撤去しなければ10億なしという日本!海外の反応も炎上!

  9. 木村沙織の最新海外の反応

  10. 韓国が北朝鮮に厳しい制裁!中国は反対?躊躇の理由は?海外の反応「何年か前、自国も北朝鮮と同じだった」「虎を養っておいて患となす」