中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

2016年紅白歌合戦出演者の内定決定はいつ?予想される発表のタイミングは?

2016年のNHK紅白歌合戦出演者が間もなく発表されます。
発表される時期と内定している出演者と予想はどのようになっているのでしょうか?

紅白歌合戦出演者発表はいつ?

出演者発表はいつ頃になるでしょうか?
過去5年間の発表時期をまとめてみました。

kohaku

データから推測すると、
11月末までには発表となることが多いようです。
土日に発表されることはないようなので、
11月25日(金)頃の可能性が高いかと思います。



スポンサーリンク




紅白歌合戦出演者予想

2016年紅白歌合戦の出演者を予想してみました。
新しい顔ぶれも見られそうです。

まず、ほぼ内定しているのではないかといわれているのが、
今年12年ぶりに復活したTHE YELLOW MONKEY(イエモン)です。
ツアーや新曲発表など復活イヤーに精力的に活動しており、
内定との報道がありました。

宇多田ヒカルも内定との報道がありました。
こちらも5年ぶりに復活し、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」をリリースするなど、
NHKへの貢献度が高く内定ではと言われています。

桐谷健太も内定報道がありました。
auのCMに使われた「海の声」がヒットするなど俳優としてだけではなく、
歌手としての才能も発揮し出場内定と言われています。

RADWINPS(ラッドウィンプス)も内定報道が出ました。
大ヒットアニメ映画「君の名は」の主題歌の一つ「前前前世」も映画と合わせて大ヒットし、
テレビでこの歌を聞かない日はないというくらいの活躍をしました。

RADIO FISH(オリエンタルラジオ)は確定ではありませんが、
度々内定ではとの報道がされています。
自身が紅白を意識した発言をしていたため取り上げられただけかもしれず、
真偽は定かではなく正式発表が待たれます。

ピコ太郎も企画枠で出場するのではという報道がされています。
世界的に大ヒットしたPPAPを紅白の部隊で披露することになりそうです。

その他毎年の常連である、
嵐、五木ひろし、EXILEなどが予想されています。



スポンサーリンク




SMAPと和田アキ子は出演するのか?

年内で解散が決定しているSMAPは出演するのでしょうか?
結成25周年の記念イヤーでしたが、
ツアーも行わず、新曲を発表することもなく殆ど活動らしい活動をしませんでしたが、
ファンによる「世界に一つだけの花」運動が盛り上がり、
SMAPのシングル曲がオリコン上位にランクインするなどしました。
SMAP5人での最後が紅白でのステージとなるかどうかに注目が集まっています。

また、和田アキ子がリストラされるのではと一部で報道されています。
目立ったヒット曲もなく毎年出演するのはどうかと協議されているようですね。
過去にも常連だった小林幸子や美川憲一が落選するなど、
逆サプライズのあった紅白の出演者発表から目が離せません。



スポンサーリンク




紅白出演者予想への反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. インドでM6.7の地震!海外の反応と地震国日本の反応が全然違う!

  2. サムスンに集団訴訟!業績は大丈夫?海外の反応「勝って2.7万円など意味がない」「ノート5にも問題が発生している」「迅速に改善してノート8と交換してくれ」

  3. 熊本大地震の海外の反応「釜山 でも揺れたがまさか」「あんなに揺れているのに倒壊しない!奇跡の映像」

  4. 人民元安が酷い!影響と海外の反応「人民の不運がくる」「アベノミクスを認めよ」

  5. 中国の汚職は半端じゃない!札束1トンでやっとビッグニュースに海外の反応も呆れ気味

  6. 台湾総統選挙はアイドル問題に留まらず!中国で汚職容疑調査、女優との醜聞報道も!海外の反応は?

  7. 韓国が北朝鮮に厳しい制裁!中国は反対?躊躇の理由は?海外の反応「何年か前、自国も北朝鮮と同じだった」「虎を養っておいて患となす」

  8. 鴻海(ホンハイ)にとってシャープ買収はペイするのか?海外の反応「二重の利益が見込まれる」「チャンスだ」

  9. EUとは?簡単に小学生でも分かるように説明しみた!1番しっくりくる例えは結婚?

  10. トランプ氏の日本に対するコメントの海外の反応「在日米軍撤退は経済学理解してない」「怖い。同盟国は必要だ」