中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

24時間テレビマラソンで林家たい平が悪戦苦闘中!糖質制限ダイエットと膝痛はほんとうに大丈夫?

笑点で全国的に人気のある林家たい平が、恒例の24時間テレビのマラソン企画で、昨日19時04分に奥多摩中学をスタート、
前司会者桂歌丸さんの待つ日本武道館に向かって100.5kmを悪戦苦闘して走っている。
糖質制限ダイエットの影響と膝の痛みを心配している。



スポンサーリンク




24時間テレビマラソンで林家たい平が悪戦苦闘中!糖質制限ダイエットと膝痛はほんとうに大丈夫?

マラソンといえば、猫ひろしがカンボジア代表としてリオオリンピックに出場し、
大会最終日に、後ろから2番目ながら、完走したところである。

その後、韓国では、リオオリンピックの韓国マラソン代表のふたりの選手のうち、
ひとりは猫ひろしと同着、もう一人は3分だけ速かったとして
「お笑い芸人と最下位争いを繰り広げ、惨たんたる成績に終わった選手たち」として、
選手、監督、陸上競技連盟が散々に叩かれている。
猫ひろしも罪なこと?をしたものだ。

たい平はマラソン出場決定時74kgという人生最大の体重と51歳という年齢から、
距離は100km未満ではと観測されていたが、結局100.5kmとなった。

「笑点」の前司会者桂歌丸さんの本名の椎名巌(しいな・いわお)にかけた
「いわおゴー」にちなんで100.5キロとしたそうだ。

スターターは闘病中の師匠の林家こん平さんが務め、
こん平さんが「1、2、3、4、ちゃらーん」とスタートを宣言した。

そこで、これまでのたい平の体重や食事に関する情報を集めてみました。

5月29日 「入門当時は54キロだったのですが、今は20キロ増えています。
人生の中で最高体重。正座をしていると、足のしびれで、体重が増えているのが自分でわかる。
せめて65キロぐらいまでしぼりたい」とたい平が話しているので、この時点で、体重74kgということになる。

さらに、「正座をしていると右のひざが痛くて、数年前からサポーターを巻いている状態で、
この先、不安なんです」から、右膝に故障を抱えているようである。

筆者もさんざん経験しているが、膝故障は走ることを止めて
休養するぐらいしか対処法がないので、不安なところである。

6月21日 10kgの減量を目標にして今の体重は73kg、3kg減量したと話していたとある。
先の記事と少々つじつまが合わないが、目標が66kgということになる。
週に1回約10キロ走り、2日に1回、歩くような軽い練習を約1時間しているとのことで、
体は日常的に鍛えて準備しているようである。

8月22日 「トレーナの坂本先生に言われたとおりスクワット150回とか、走れない時やってます」
「走れるときは小一時間近所を走っています」と話している。

食事制限について聞かれると、「先生に言われたわけではないんですけど、
ちょっと自分を節制してみようと思って、
3ヶ月くらいは炭水化物を抜いています」と言っていた。

マラソン直前のたい平さんは-8キロの様ですという情報があるが、
これだと体重66kgで、ほとんど目標通りに減量したと言える。

毎週笑点を見ていても特に、やつれたとか、膝が痛そうなそぶりは見せていないので、
減量に関しては少なくとも数値上はうまく行ったと思われる。

但し、先の記事に書いたように、糖質(炭水化物)制限ダイエットをするときには
非常に注意が必要で、提唱者が若くして亡くなった例もあります。
効果は抜群で、体重は面白いように減りますが、非常に危険です。
トレーナに相談せず独自にやったとすると、心配です。

マラソンは糖質(ブドウ糖)を消費する競技で、脳に行く分がなくなると、
意識を失うことさえあると言われてます。

では、昨夜からの走破の経過はどのようになっているのでしょう。

昨夜は冷たい雨に打たれ、今日の午前中には両膝に痛みが出てきたそうです。
動画を見ると顎があがり厳しい表情で、顔も寝てないせいか少々やつれて見えます。

その後の画像では、昼に近づき、ペースを維持となっていますが、
口を開け、ときどき顔を空に向けていかにも苦しそうです。
足取りも重くなってきました。

14:30ごろで、80.6kmすき家練馬関町店付近のようです。あと20kmちょっとですが、
それでも普通のマラソンの半分の距離が残っています。



スポンサーリンク




林家たい平が悪戦苦闘で走破中に関する日本の反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

かなり厳しい状況ながら、必死で頑張っているようです。あともう少し、歌丸さんが待っています。

何事もなく、無事完走して元気な笑顔を笑点で見せて、
今後もファンを喜ばしてもらいたいと思います。

■関連記事
猫ひろし、カンボジア代表としてリオ最終日のマラソンを走る!国内の反応は?

マラソンで抗議ポーズをしたフェイサリレサが亡命か?海外の反応「オロモ族の自由のため、2人の子と妻と母を危険に」「勇敢な行為は歴史の1ページに」

毎日1時間のジョギングよりも毎週1時間の方が効果あるってほんと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2016年アベノミクスの終焉か?海外の反応「人民元への通価を切り下げの圧力が和らぐ」「円高は始まったばかり」

  2. 東日本大震災から5年・最新海外の反応「復興に感動」「学ぶべきものがある」「放置されるところもあり悲しい」

  3. 内山高志の次戦コラレスの戦績とファイトマネー!海外の反応「米国は彼の才能を確認する必要がある」「最高のボディーチャンパー」

  4. 中国頓挫のタイ高速鉄道計画に日本の新幹線方式導入!都市鉄道で日本製車両採用の「パープルライン」が開業!海外の反応は?

  5. BIGBANGのT.O.Pタバコポイ捨て動画と海外の反応「嫉妬し熱狂する哀れで狂ったファンによる悲しい事件」「彼は謝罪するまで成熟した」

  6. 鴻海(ホンハイ)にとってシャープ買収はペイするのか?海外の反応「二重の利益が見込まれる」「チャンスだ」

  7. ダラス警官銃撃事件で使用のロボットの動画!海外の反応「人をあやめるのは人の仕事だ」「いくらするんだ!他の方法があったろう」

  8. 韓国が北朝鮮に厳しい制裁!中国は反対?躊躇の理由は?海外の反応「何年か前、自国も北朝鮮と同じだった」「虎を養っておいて患となす」

  9. 民進党って名はどうなの!?台湾の同名の反応は?「(親中の)国民党と命名すればよかったのに!」「全世界に蔓延してゆく」

  10. 村上春樹がアンデルセン文学賞受賞決定!日本と海外の反応「慰めとなった」「ノーベル賞よりふさわしい賞がある」