身近な疑問を解決するお役立ち情報ニュースサイトです

menu

疑問解決お役立ちニュース

ANA37便(全日空)の緊急着陸原因や理由は?スコーク7700の意味とは?

羽田発伊丹行きのANA37便が、

機内の気圧が低下したとして、

スコーク7700が宣言され、

羽田へ引き返し緊急着陸しました。

 

機内では酸素マスクも落ちてきた

との証言もあるようで、

かなりの緊急事態だったようですが、

全日空便は何故緊急着陸したのでしょうか?

 

原因や理由・スコーク7700の意味とは何か

について調べてみました。



スポンサーリンク




ANA37便(全日空)が緊急着陸。酸素マスクも?

8月12日18時半頃、

羽田発伊丹行きのANA37便(全日空37便)

機内の気圧低下により羽田へ引き返し、

緊急着陸するトラブルが発生しました。

 

スコーク7700が宣言され、

機内ではアラームも鳴り、

酸素マスクも降りてくるという

非常事態だったようです。

 


お盆の帰省ラッシュの真っ只中の事態で、

乗客にも影響が出ましたが、

けが人を出すことなく収まったことに

安堵しているという声も聞かれます。

 

スコーク7700の意味とは?

今回の全日空37便で発せられた、

スコーク7700ですが、

いまいちなんのことかわかりにくいですが、

一体どういう意味なのでしょうか?

 

スコーク7700の意味とは

簡単に言うと航空機において

緊急事態発生を知らせる信号のことです。

 

航空機にはトランスポンダと呼ばれる

受信した電気信号を中継送信したり、

変換したり応答を返すための機器が設置されています。

 

航空機を識別するためにトランスポンダに

設定する数値のことをスコークといい、

0000~7777の4096通りに設定できます。

 

代表的なスコークとして

以下のようなものがあります。

 

1200
VFR(有視界飛行方式)により高度10,000 ft未満[2]を飛行するとき
1400
VFRにより高度10,000 ft以上を飛行するとき
2000
コードについての指示を受けていない航空機がIFR(計器飛行方式)でレーダー管制空域外からレーダー管制空域へ入る場合の二次レーダーへの返信用。
3333
整備用
4444
整備用
5555
整備用
7500
ハイジャック
7600
通信機故障(NORDO=NO RADIOとも呼ばれる)
7700
緊急事態
7777
(欧米)軍用機用コード。スクランブル発進した戦闘機が使用する。

引用元:Wikipedia

 

今回発令されたスコークは7700で、

緊急事態発生の合図だったということになりますね。



スポンサーリンク




緊急着陸の原因や理由は?

ANA37便は何故緊急着陸となってしまったのでしょうか?

原因や理由について調べてみました。

 

報道では、

出発後に機体が上昇している際に、

機長が異変に気付き客室に酸素マスクを出し、

羽田空港に引き返すことを決断しています。

 

機内の与圧が急激に下がったため、

異変に気付いたみたいで、

機内の圧力を一定に保つシステムの異常

ではないかとみられていました。

 

調査の結果車輪の格納エリアのダクトが破損

していたことがわかりました。

 

ダクトから空気が外に漏れたため、

気圧の低下を招いたとみられていますが、

ダクトの破損原因については調査中となっています。

 

 

しかし、

機長の素早い判断で大事には至りませんでしたが、

8月12日は奇しくも32年前に起こった、

日本航空123便の墜落事故と同じ日に起こったことで、

偶然ではないのではとメディアも騒いでいるようですね。

 

しかも、

日本航空123便と今回のANA37便には

日にちだけではない共通点が多々あるみたいです。

 

それは路線が羽田発伊丹行きであること、

スコーク7700を発したのが18時24分だったこと、

与圧系統のトラブルであったことが

共通点として挙げられています。

 

航空会社こそ違えど、

同じような時間の同じ路線でのトラブルは

32年前の事故を思い起こさせることになり、

関連性を唱える人がいることもうなずけます。

 

もちろん関連性はないのですが、

いち早い原因の究明が待たれますね。

 

■関連記事

奈良県の小型機墜落の事故原因は?ベテランパイロットに何があった?

ゼリア新薬はブラック企業?研修会社講師のパワハラ内容とは?

海喜館(五反田)で事件発生?積水ハウスが地面師の詐欺被害に遭う!

築地場外市場の火災原因や火元は?場所はどこでお店の名前は何?

 

まとめ

奇しくも32年前の事故と同じ日、

同じ時間に起こった今回の航空機トラブル、

何事もなく収まり安心しました。

 

事故を忘れないようにとの

教訓だったのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

関連記事

    • kareid
    • 2017年 8月 13日

    「油圧」じゃなくて「与圧(気圧)」だよ

    • Y
    • 2017年 8月 14日

    油圧で無く与圧ではないでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA