中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

BIGBANGのT.O.Pタバコポイ捨て動画と海外の反応「嫉妬し熱狂する哀れで狂ったファンによる悲しい事件」「彼は謝罪するまで成熟した」

black-1226643_640

韓国KポップスターであるBIGBANGのT.O.Pがファンに囲まれた車から
ポイ捨てしたことで、ファンの一人が動画を拡散し、騒動となり
14日にT.O.Pが謝罪声明を出すまでにもなった。

この騒動に対して、ファンを批判するもの、T.O.Pのその行為自体を批判するものと
議論が巻き起こった。

スポンサードリンク

BIGBANGのT.O.Pタバコポイ捨て動画と海外の反応

BIGBANGのT.O.Pは中国でイベントの移動途中に
パパラッチではなく、熱心過ぎるファンのオートバイや
タクシー、普通車に追いかけられ囲まれてしまったようだ。

しばらく停止して、BIGBANGのT.O.Pは窓からタバコをポイ捨てして
それからその場を去っていった。

その時の過剰熱心のファンがその動画をアップして
それが公衆道徳に背くとして、批判の的になった一方(ファンなのにT.O.Pを叩きたかったの!?)
熱心すぎるファンについて、そっちの方がモラルがないという
議論もある。

以下の動画がある。

これを見る限りはT.O.Pは挑発するためにやったとしか見えないのだが..。

その後、騒動が大きくなりすぎる前に
T.O.Pは謝罪声明を出した。

「ファンの皆さんを失望させるような姿を見せてしまい、申し訳ありません。とても恥ずかしい次第です」
「車の中でタバコを吸おうが、どこで吸おうが、灰皿にきちんと吸い殻を入れていますが、他人の車に乗って大きな間違いを起こしてしまいました。どっちみち弁解の余地はありません」

中国のメディアでは、T.O.Pではなくファンを非難している。

スポンサードリンク

BIGBANGのT.O.Pタバコポイ捨てに対する海外の反応

このBIGBANGのT.O.Pタバコポイ捨てと、それを招いたファンに対する
海外の反応を見てみよう。

■海外の反応

「小さい心だな!謝らなくていいのに。ファンの無礼がなかったら彼は投げていなかったでしょう。
騒動が手に負えなくなる前に手を打ったんだね。警察とのカーチェイスかと思ったよ。本当に狂ってる」

「ニュースになる価値がない」

「T.O.Pファンです。本来なら追い詰めたファンに対する怒りの側になるはずだけど、謝罪が必要だったと思います。
ポイ捨てはいけません。環境的にも。なのでこのニュースを読んでいて恥ずかしく感じました。
ファンの反応が普通だったのか極端だったのかわかりませんが、彼らはいつも怒っているように見えます。
T.O.Pには健康のためにも長くタバコは控えてほしいです」

「ああなんてこと。大したことじゃないよね…。」

「謝罪!?からかってるの?」

「喫煙自体は彼の個人的な選択。GDragonも吸ってるし。
ポイ捨てした時も彼らはビジネスとは違う時間を過ごしていた。
彼をそうさせた、嫉妬し熱狂する哀れで狂ったファンによる悲しい事件だ。
馬鹿げている」
「よく言った。彼を批判するやつは終わればいい」

「ポイ捨ては間違ってしまった。私はT.O.Pが大好きなので禁煙することを願っています」

「誰だって間違うだろ。彼は有名人だが普通の人間だ」

「ここのコメントの半分以上が彼のポイ捨てを擁護しているが、信じられない。
私は彼がセレブだから謝罪をして嬉しいと思っている。一般人はポイ捨てしようが何も言わない。
彼はどこにでもビデオでとられるほどの有名人で、彼は自分のしたことを謝罪するまでに成熟したのです。」

「ファンである私達があまり干渉しない、という手もある」

「タバコはたしかに彼の個人的な選択だけど、タバコには7000の有害化学物質があるの。
あなたの個人的な選択はゆっくりと人をころしていくのと同じ。
それらの煙から逃れるのは簡単ではないし。
私は普通に車からポイ捨てする人を見ると腹が立つ。」

出典:http://goo.gl/CKgH3d

と、いつの間にか、タバコに対する価値観の論争になっている部分もありました。
確かに、大きなニュースになるほどのことでもないのかもしれませんが
自分がT.O.Pだったら腹が立ってそんなこともしたくなるのかもしれないな
なんて想像したりもしました。

アイドルのイメージ保持のためでしょうか、謝罪声明をだしましたが
やはりその時追い回したファンも同じように謝罪することで
同等となるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA