中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

EUとは?簡単に小学生でも分かるように説明しみた!1番しっくりくる例えは結婚?

london-1201092_640

今回EU離脱が大きな問題になっているわけですが
子供がさすがに聞いてきます「EUって何?」

さて、小学生でも分かるようにどう説明すれば良いでしょうか?

スポンサードリンク

EUとは簡単に小学生でも分かるように説明したら!?

子供がEUという国際問題に関心を持つということは
学びの絶好のチャンスです。

しかし、簡単にわかりやすく説明するというのがなんとも難しいものです。
調べれば調べるほど難しい言葉、難しい概念も膨らんでいき
かえってわかりづらい説明になりそうです。

そこで、聞いたのが「子供の身近なものに結びつける」ということで
子供は非常に理解しやすくなる、ということです。

それを元に考えてみました。

———————————————————–

■友達を国と例えて説明してみる

子供は世界地図さえよくわかっていないことでしょう。
外国人も見たことがあまりないでしょう。

そこで、子供がわかっている、「自分」と「友達」を国家ととらえて
説明してみるのが良いかと思います。

事例
「自分(田中)と、山田くんと、佐藤くんがいるよね?

●田中国
お金:葉っぱ
ママの得意料理:チーズケーキ

●山田国
お金:どんぐり
ママの得意料理:ドーナツ

●佐藤国
お金:小石
ママの得意料理:揚げパン

ここにはいろいろなルールが存在します。例えば以下のようなルールです。

田中が山田のママのドーナツを食べるにはお金で買う必要があります。
どんぐり1コ分必要です。
でも田中は葉っぱしか持っていません。
山田くんは「しょうがない、葉っぱでいいよ。でもどんぐり1コにつき葉っぱ3枚ね」
と取り決めをしました。

山田が佐藤のママの揚げパンを買う時も
佐藤「どんぐりは小石1コにつき3個分で許してあげる」
と取り決めをしています。

また、田中が山田や佐藤の家に行くときは、手続きをしなければいけません。
まず、山田だったら山田と遊ぶ約束をして、山田のママと田中のママに
何時から何時まで遊ぶと報告をして、紙に書いてからじゃないと
遊べません。

佐藤と遊ぶ時は、パパの許可も必要です。

とこのように、ルールがいろいろあって面倒です。
ある時、3人は大げんかしてしまいました。まるで戦争です。
山田がルールを守らなかったり
佐藤がどんぐり10コで小石1コの価値だと言い始めたりしたのです。

3人は大げんかして酷い酷い怪我をしました。

3人は家族ぐるみで話し合いどうしようか考えました。

そこで、次のように決まりました。

・お金は、コインしか使わない
・ママの得意料理は、自由に行き来して食べて良い
・3家族全員、ひとつの家族になる

「それに3家族ですめばお金持ちの杉山くんの家に対抗できるしね!」

そういって共同生活は始まったのでした…。

これがEUです。

 

しかし、時が流れ、しだいにヒズミが溜まっていきました。
最初は楽しかったのですが、
「前のうちの家のルールの方がやりやすかった。なんで新しいルールに従わなきゃならないの」
「えっ?自由に知り合いを家にあげるって?あいつは家に入れてほしくないんだよね。嫌いなんだ」
「ええ~山田のところはお金に困ってるって?佐藤が貸してあげなよ!1番余裕があるんだから」
「なんでちゃんと頑張っている僕(佐藤)が怠け者の山田をたすけなきゃならんのだよ」

いろいろと不満がたまり、とうとう「抜け出したい!」と言うようになってきたのです。
——————————————————————

ここから国で言えば…という感じで広げていければいいですね。

なるべく難しい言葉を使わないで説明するのは難しいですが
やはり子供には「身近なたとえ」が1番入ってくるようです。

スポンサードリンク

そもそもEUとは何か?を今更?

実はイギリスで、選挙後に1番検索されたのが「EUとは」というキーワードらしいです。
これに対して、「よく分かってないで投票したんじゃないの!?」という声が多く上がっています。

EUはたしかに一言で言えるものではなく、その経緯、統合の細かいところすべてを知っている人も
少ないですが、
基本的には第2次世界対戦の痛烈な反省の元に、壮大な理想を元に作られた欧州連合という理解で良いでしょう。

その規約には次のように書かれています。

連合は人間の尊厳に対する敬意、自由、民主主義、平等、法の支配、マイノリティに属する権利を含む人権の尊重という価値観に基づいて設置されている。これらの価値観は多元的共存、無差別、寛容、正義、結束、女性と男性との間での平等が普及する社会において、加盟国に共通するものである。
by欧州連合、欧州連合条約第2条

こうやって読むと、全くもって理想とかけ離れた現実であることを痛感します。
マイノリティ、無差別、を追求した結果、現実はそうではなく
難民受け入れにより、自分たちの首を締める結果に。
無差別を謳っても、差別されころされることもある現実。
宗教は憎しみを増大させ、歴史の歪は何百年も解決されない問題が残っています。
理想主義の限界を感じさせるもので、現実は非常に泥臭いものです。

中学生とかにひとことで説明するとしたら
「世界がひとつになる前に、ヨーロッパをひとつにしようとした壮大な試み」
といえるかもしれません。
しかし、それはあくまで壮大な理想であり、失敗に向かっているということです。

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

EUとは何か?
それは「今更」ということではなく、イギリスの人々が
その本質をもう一度確認したくて検索をしたのではないでしょうか?

個人的には、結婚と似ているなとも思います。
理想や期待に胸が膨らみ高揚して結婚することが多いですが、
いざ結婚したら泥臭い現実を知り、3組に1組が離婚していくのが現実です。

お金を共同し、生活を共同し、ルールを共同しますが
感情と価値観と育った環境はかえられません。
その中でいざこざが起き、亀裂が入っていきます。

しかし、逆をいえば3組に2組が、その中でもなんとかうまくやっているわけです。
理想も形を変えながら、うまくやっていくことは可能かもしれません。

■関連記事
英国メイ首相、ヒンクリーポイント原発建設計画にストップかける!中国寄り路線を変更か?海外の反応は?

イギリス国民投票の結果に対する海外の反応「反EUの感染が広がるだろう」「特別扱いなどない。離脱は離脱だ」

EU離脱はリーマンショック級の経済危機となるか!?為替の値動きで比較してみた

イギリス国民投票はなぜ離脱派が勝ったのか?統計で見る実態とは

イギリス国民投票の結果に対する海外の反応「反EUの感染が広がるだろう」「特別扱いなどない。離脱は離脱だ」

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA