中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

G20首脳会議2017(ドイツ)の日程は?参加国名の覚え方のコツはある?

ドイツで行われる、

G20首脳会議2017

開催が近づいて来ましたね。

 

通常は都市部ではない場所で

行われることの多いサミットですが、

今回は都市で行われ、

どのような警備をするかにも

焦点が集まっています。

 

今回は、

G20首脳会議2017の日程

参加国名の覚え方のコツについて

調べてみました。



スポンサーリンク




G20とは?

G20という言葉を

ニュースでよく聞きますが、

何のことなのかイマイチよくわからない

方も多いのではないでしょうか?

 

G20の数字が国の数

ということはわかりますが、

どの国を指しているのでしょうか?

 

G20とは、

『Group of twenty』の略で、

 

主要国首脳会議に参加する7カ国、

欧州連合、

ロシア連邦、

および新興経済国11ヵ国

 

の計20ヵ国・地域からなる

グループのことです。

 

G20で行われる会議は二種類あり、

一つ目が、

20ヵ国財務相・中央銀行総裁会議のことで

世界的な経済の安定と成長を

はかるために開催されている

国際会議です。

 

この会議には、

国際通貨基金、

世界銀行、

国際エネルギー機関、

欧州中央銀行など、

関係する国際機関も参加しています。

 

2つ目が、

20ヵ国と地域の首脳が集まって

行われるG20首脳会議です。

 

この会議も、

世界経済の安定をはかるために

開催されています。

今回ドイツで行われるのも、

こちらのG20首脳会議です。

 

ここで疑問に思うのは、

G8と何が違うのかですよね。

簡単に言うと、

参加している国の数が違います。

 

G8は、

日本、
アメリカ、
イギリス、
イタリア、
カナダ、
ドイツ、
フランス、
ロシア

の8ヵ国が参加していますが、

G20は、

先程紹介したように、

この8ヵ国に加え、

欧州連合と新興経済国11ヵ国が

参加しています。

 

ちなみにG8は、

ロシアのクリミア編入により、

ロシアのG8の参加資格が

停止されたため、

現在はG7の枠組みに戻っています。

 

2008年

リーマンショックによる

世界金融危機が発生し、

G8だけで事態に対応するのが困難になり、

力を増してきた新興経済国を交えて、

経済問題について話し合う必要性が

高まったためG20

開催されることになりました。

 

G20に参加している

20ヵ国・地域の国内総生産の合計は、

世界全体の国内総生産の

約85%を占めています。

 

また人口は、

世界人口の3分の2ほどを占めています。

このため、

G20の合意事項は、

従来のG8での合意をはるかに

上回る影響力を持っています。

 

しかし、

参加国が20ヵ国に増えたことで、

G8の時よりも全体の合意を

得ることが難しいという問題が

あるみたいです。

参加国が増えると意見や考え方が合わず

合意が難しいのはわかります。。。

 

少人数より大人数の方が

まとめるのも大変なので、

それが国になると更に難しくなるのは

当たり前ですよね。

 

G8には長年培っていた協力関係があるように、

G20もこれから協力関係を

作っていくことで、

実効性のある合意を得ることが

できるようになるかもしれませんね。

 

G20首脳会議2017ドイツの日程

G20首脳会議2017は、

2017年7月7日(金)から

2017年7月8日(土)に、

ドイツのハンブルクで開催されます。

 

ちなみに、

G20首脳会議は、

今回で12回目の開催です。

 

開催会場は、

ハンブルク・コンベンションセンター

です。

 

議長は、

ドイツのメルケル首相が務めます。



スポンサーリンク




参加国の覚え方のコツは?

G20には、

計20の国と地域が参加していますよね。

まずG20に参加している国と地域

まとめてみました。

 

〈参加国〉
・アメリカ
・アルゼンチン
・イギリス
・イタリア
・インド
・インドネシア
・オーストラリア
・カナダ
・韓国
・サウジアラビア
・中国
・ドイツ
・トルコ
・日本
・ブラジル
・フランス
・南アフリカ
・メキシコ
・ロシア

 

〈参加地域〉
・欧州連合

 

以上になります。

G20の参加国と地域を覚えるのは

大変ですよね。

 

私は暗記が苦手でしたので、

この量を見ただけで覚えるのを

諦めてしまいそうですが、

参加国と地域は知っているので、

覚え方のコツさえあれば

なんとかなるかもと思い、

覚え方のコツを調べてみましたので、

紹介させていただきます。

 

まずは、

G7を覚えないといけませんね。

 

G7は、

先程紹介させていただいたG8から、

ロシアを抜いた

『日米英仏独伊カナダ』

の7ヵ国です。

ヨーロッパが4ヵ国で、

スペインが入ってないことと、

カナダが入っていることを覚えておけば、

自然にでてきそうですよね。

 

ちなみに語呂合わせもありましたので、

紹介させていただきます。

『居た、日本に、赤い富士』

いた→イタリア
日本→日本
あ→アメリカ
か→カナダ
い→イギリス
ふ→フランス
じ→ジャーマニー(Germany)
=ドイツ

『に』は飛ばして、

覚えれるようです。

 

次は、

『BRICs』

の4ヵ国です。

 

こちらは、

頭文字があるので比較的覚えやすいと

思います。

B→ブラジル
R→ロシア
I→インド
C→中国
の4ヵ国です。

 

ここまでで、

11ヵ国ですが、

残りの8ヵ国は

『青いカメ サミット』

の語呂合わせで覚えることが

できるそうです。

あ→アルゼンチン
お→オーストラリア
い→インドネシア
か→韓国
め→メキシコ
さ→サウジアラビア
み→南アフリカ
と→トルコ

 

小さい『っ』は飛ばすようです。

この19ヵ国に欧州連合を加えれば、

合計20になります。

 

語呂合わせがあると、

なんだか覚えられそうな気が

してきますよね。

ぜひ参考にしていただければと

思います。

 

■関連記事

外国人に映る中国のイメージは米国についで2番目って本当なのか??調査結果の意図的解釈が酷すぎる!!

 

まとめ

今回は、

G20首脳会議2017(ドイツ)について

調べてみました。

 

今回の会議で、

実効性のある合意が得られるのかにも

注目したいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA