中国をはじめとした海外のノーマルな反応を知っていくウェブマガジン

menu

NORMAL CHINA

HOPE〜期待ゼロの新入社員〜の原作ミセン-未生-の韓国の反応と評価をまとめてみた

7月からフジ21時枠で『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』が新ドラマとして放送される。
ジャニーズの中島裕翔くんが主演ということなのだが
原作は韓国の『ミセン-未生-』ということで、2014年に韓国では社会現象にまでなったものらしい。

気になったのでそのへんをまとめ、韓国の反応・評価を見てみました。



スポンサーリンク




HOPE〜期待ゼロの新入社員〜の原作ミセン-未生-の韓国の反応と評価

まず『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』の原作である『ミセン-未生-』についてまとめていこう。

■ミセン-未生-

・2014年韓国のケーブルドラマで放送され2位の視聴率(8.4%)
・内容:プロの棋士を目指していたが諦め、総合商社に入社することに。社会経験がない中で何も分からないところからひたむきに頑張っていくドラマ
・特徴:最終的に大成功する、といったことではなく、現実的に、成功したり失敗したり普通にする
   :社会人とし成長していく姿を描くヒューマンドラマ
   :恋愛要素はない
   :セリフが最高にいいらしい
   :イジメやセクハラ、社内不正、非正規社員問題も扱う
   :実際会社で働いているくらいの臨場感あり、入り込めるドラマ
   :韓国は20話あって長かった
   :最終話はケーブルテレビとしては歴代2位の10.3%を記録
   :ドラマ賞を総なめ
   :ミセン・シンドロームという言葉がニュースになったほどの社会現象
   :中国でもリメイク版
:日本でも国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2015で海外作品特別賞を受賞

日本でも韓流ファンは既に見ていて、「これほど面白いドラマはない」といった
絶賛のコメントが見られる。

もちろんフジのリメイクの力も試されることと思うが
そんなに面白いのかと気になるものだ。



スポンサーリンク




原作ミセン-未生-の韓国の反応と評価

Youtubeにコメントが集まっていたのでまとめてみました。

「あんなセリフ言われたら泣くわ」

「学生なので分からない部分も多い」
「無理に理解して見ようとしなくていいのよ」

「ハンソクの笑顔がいいね」

「最高に感動しました。こんなドラマを見れて嬉しい」

「これ漫画で見たらそんなに感動しなかった」

「すっかりこれにハマりました」

「どんなことにも情熱を持って取り組みなさいということかな」

「常に夢中でいる。すべてはそこにある。」

「13話は個人的に最高の名シーン」

「胸が痛い」

出典:https://youtu.be/-pavPG9a9xE
出典:https://youtu.be/px0yU_hFtEc

その他、ネットで見かけた日本人の感想

「あまりにリアル」

「自分は正社員になれないと分かった時のグレの表情、それが1番印象的」

「自分の人生を考えてしまう」

「よく作られたドラマ」

「自分の生き方を考えさせられるドラマ」

「セリフも良いが、言葉で表さない心理の描き方も良い」

etc

出典:ツイッター、韓流サイト

なんとなく見えてきました。
ミセンは、現代の格差社会とそこを生きる社会人の葛藤を描き
よりよく生き、仕事をしようとするドラマであることが伝わって来ます。

社会人向けのドラマではないでしょうか。

不発のフジですが、どのようになるか?楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA